触ることからはじめよう
by skyalley
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
三者三様の「すばらしい!」の内容
先日の第18回徳談会に参加された三人の女性が
たまたま英語の授業でいっしょになったので
それぞれの感想を まず日本語で書くことにした


いつ : 9月24日
どこ : 赤坂の永楽倶楽部
だれ : 私が
なに : 徳談会に参加した
     徳談会とは?
     当日の講師の先生は?


ここまでは情報なので ほぼ同じ内容
どう?(感じたか)についても
福島勇三先生を「すばらしい」と感じ 共通であった
この先 
なぜ?(そう感じられたのか その根拠)
その表し方が それぞれの個性の出しどころだ


イ〜さん:
接客に対する姿勢を大いに学べて すばらしい方だと思った
何が素晴らしいと思わせたか
参加者20数名のすべてにカクテルを出した後に
やれやれ 終わった と気を抜くことなく
みなが愉しんでいるか
何か必要な様子をしていないか
お客様一人一人をさりげなく観察していらっしゃった


ロ〜さん:
65年にもの長きに亘り同じ仕事に従事できたことは
すばらしいことだと思った
何が素晴らしいと思わせたか
自分にとっての最長の就業年数は8年だ
それだけでも今考えると よくもったものだと思う
しかし65年といえば その8倍以上だ
なぜその偉業がを成し遂げられたのかを知りたい


ハ〜さん
「バーテンダーに向き不向きはない その人の努力次第」
と仰っていたが先生は本当にバーテンダーに向いていると思った
なぜなら私が先生の話を聴き そして物腰に接した限り
その職業に必要とされている技術もさることながら
真摯・謙虚・知性・品格などを備えている方だと思ったから
彼の持って生まれた性格がバーテンダーにそもそも向いていたのか
バーテンダーという職業が育てた人格なのか 


三者三様に講師の福嶋先生を「すばらしい」と感じたか
それぞれに視点も視座もちがっている
授業の間に 会話や議論を通し
何がそれぞれに素晴らしいと感じさせたか 
その根拠を言葉にする作業を
苦しみながら 愉しんだ
その結果 私にとっては まず三人に対する親しみ いとおしさ
そして広く人間や職業や運命などに対する更なる疑問や好奇心も湧き
学びはとても有意義な時間であった


ありがとう イ〜さん ロ〜さん ハ〜さん
来週もどうぞよろしくお願い致します
今夜勉強に来られた二〜さんにその模様をお話ししたら
来週はぜひご一緒したいとのことだったので
ぜひどうぞ とお誘いしました
by skyalley | 2011-10-01 23:36 | 徳談会日記
<< 福島からの詩と梨と 「あきのにおいが。。。」 >>