触ることからはじめよう
by skyalley
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
I LIKE TODAY 清野さん




先日 tee-shirt-manの清野章宏さんに
http://iliketoday.shop-pro.jp/
田坂広志氏の「東日本大震災 いま、あなたに何ができるのか」を
送ってみた
http://www.youtube.com/watch?v=UO9wZZSJd0w

田坂氏は原子力工学博士 
4月27日付で内閣官房参与(内閣の相談役)の職に就いた
http://www.hiroshitasaka.jp/profile/index.html

ややあって清野さんからメールの返事が届いた
彼のご了解を得て転載させていただく

     ::::::::::::



こんばんは。
ご紹介頂いたサイトを拝見しました。

またしても哲学ですね!ありがとうございます。
考えると言うことは、きっと死ぬまで続くのでしょうね!?

このサイトを拝見して、最初に頭に浮かんで来た言葉が、
パスカルの「人間は考える葦である」でした。
単純ですよね!
これって小学生の時に既に習う、
偉人の言葉ですからッ。(笑)

アホなガキだった僕は、
その意味なんて全く理解していなかったし、
というか興味すら持たなかったのですが、
何故か今日はその意味が知りたくなって、
調べてみたらこんなことが書いてありました。




  『葦は少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、
  風が去ると、また元のように立ち上がる。
  人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、
  それに従順に従い、
  そして暴威をくぐり抜けて、
  また元のように、みずからの姿で立ち上がる。
  自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、
  柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。
  そして何よりも、「考えることができる」
  すなわち「精神を持つ」ことで、
  ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、
  遙かに賢明で、優れた存在である。
  人間とは、運命に従順であるが、
  しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、
  運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ。




この言葉はいまの日本人に向けて発せられている様な気がして、
人間は今一度人間の力を信じて、
勇気を持って強く生きなきゃなぁと思いました。

実は今日僕は、出来るかどうかははっきり言って解らないのですが、
それでもいま僕がやらなきゃいけないことを見つけたんですよ!!

I LIKE TODAY です。
おやすみなさい。


   :::::::::::



「思い」という情緒を
「言葉」という論理に置き換えられる
清野さんはその数少ない人だと私は思う
彼の言葉を読んでいると 彼が立ち現れる


今 清野さんのTシャツと
私の象形文字の書とを組み合わせて
赤さん用のロンバースのデザインを始めようとしている
彼のブランド名 I LIKE TODAY と
私の WATCH + TOUCH
1 + 1 がどんな +アルファになるのか
とても楽しみにしている 


 
f0085284_1301089.jpg

        打ち合わせの席で 静かに熱く語る清野さん
by skyalley | 2011-05-24 13:05 | ひと
<< 「初恋のきた道」の先生と長沼毅先生 一燈園創始者 西田天香と石川洋 >>