触ることからはじめよう
by skyalley
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
日常が日常


癌の手術を終え退院された知人と
数ヶ月ぶりに会った
大貫妙子とバッハを聴いていた と
その人は話した



20年近くも前
とても胸苦しい日々が 私にあった
半年ほども続いたろうか
身モ世モナイが如くの自分をひきずりながら
慰めてくれる本でも音楽でも漁った
常に好める本も音も その時の私には遠かった
そして
たまたま書棚にあった『ゲド戦記』を開いた
それが私を鼓舞してくれることを知らずに



常に愛する音楽を
大病の後の暮らしの中にあって
愛聴した という
彼女の志気にあらためて頭が下がった
by skyalley | 2010-01-06 11:20 | ひと
<< 「役不足」 と 「力不足」 自分の面倒をよくみている人  ... >>