触ることからはじめよう
by skyalley
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
こころが着地する

f0085284_1642266.jpg


半月のスペイン旅行から帰国した友 さこさんが
久しぶりにメールをくださった

件名に一言カタカナで 「ホトトギス」と
その文字を見たとき じわぁっときました

帰国してすでに5日は経っているのに
時差ボケのせいか 朝4時に目が覚めたこと

留守の間の用事はたくさんあるのに
さっぱり片付かないこと

秋風に吹かれてぼうっとしながら
庭に咲いた10センチ足らずのホトトギスの花を見つけたこと

6月にいっしょに那須の妹を訪ねたときに
採ってきた草であること

そんなことがぼそぼそっと書かれてありました

私はもう何年も海外へは行っていませんが
体は確かに帰ってきているのに
何だかふわふわして着地していない
と帰国後数日の間 いつも感じたものです
そんなとき 心が確かに帰ってきた と言えるのは
庭に咲くその季節の草木や花を見たときです

さこさんのメールの件名を目にしたとき
その草の名 一語で
体は時差ボケを抱えていても
  あぁ 自分の国に帰ってきたんだな
心はしっかり目覚めたのだな と
そんなふうに 勝手に思いました

静かな秋の昼下がり
我が家では
紫式部の紫の実と
萩の白い花房が並んで見頃となりました
2週間ものスペインの旅の話
さこさんに会えるのが楽しみです


f0085284_1652899.jpg

by skyalley | 2009-09-19 15:30 | ひと
<< 『出星前夜』 飯嶋和一 「するか しないか ではなく」... >>