触ることからはじめよう
by skyalley
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:cocoro-e shop( 7 )
8月30日 お誕生おめでとう



8年ほど前 カナダに語学留学をご希望のYさんは
私の教室に英語の勉強に来られた
ある日 教室に祭られている神棚に興味を持った
以来 毎週勉強のたびに神道の話題が出た
二人で神道の勉強もするようになった


数年後のある日 Yさんが言った
「私 留学の費用として貯めていたお金で
 國學院に行って神道の勉強をする!」
!!!!!!!
私の分もよく学んできて! 励ました
卒業後 靖国神社に勤め口を見つけた


そして伊勢神宮に奉職する方と出会い
めでたく結婚 そして8月30日
待望の第一子を授かった
その様子をずっと見守ってきた5人の友人
文さん・絵美さん・智子さん・千秋さん・美璟さんと
THE 1ST TEEを出産祝いに贈ることにした

前身頃に象形文字の「望」と「遊」を選び

f0085284_10363399.jpg


後ろにはお誕生の日を[i like today]の清野さんに注文した

f0085284_1037677.jpg



レバノンの詩人 ハリール・ジブラーンの『預言者』から
「子どもについて」の詩を書き添えた


f0085284_10273964.jpg


  ・・・・・・・・・・・・・・
    

子どもについて

赤ん坊を抱いたひとりの女が言った。
どうぞ子どもたちの話をしてください。
それで彼は言った。

あなたがたの子どもたちは
あなたがたのものではない。
彼らはいのちそのものの
あこがれの息子や娘である。

彼らはあなたがたを通して生まれてくるけれども
あなたがたから生じたものではない、
彼らはあなたがたと共にあるけれども
あなたがたの所有物ではない。

あなたがたは彼らに愛情を与えうるが、
あなたがたの考えを与えることはできない、
なぜなら彼らは自分自身の考えを持っているから。

あなたがたは彼らのからだを宿すことはできるが
彼らの魂を宿すことはできない、
なぜなら彼らの魂は明日の家に住んでおり、
あなたがたはその家を夢にさえ訪れられないから。

あなたがたは彼らのようになろうと努めうるが、
彼らに自分のようにならせようとしてはならない。
なぜなら命はうしろへ退くことはなく
いつまでも昨日のところに
うろうろ ぐずぐず してはいないのだ。

あなたがたは弓のようなもの、
その弓からあなたがたの子どもたちは
生きた矢のように射られて、前へ放たれる。
射る者は永遠の道の上に的をみさだめて
力いっぱいあなたがたの身をしなわせ
その矢が速く遠くとび行くように力をつくす。

射る者の手によって
身をしなわせられるのをよろこびなさい。
射る者はとび行く矢を愛するののと同じように
じっとしている弓をも愛しているのだから。

神谷美恵子・訳

   ・・・・・・・・・・・・・

この放射能時代に生まれてきた赤さん皆に幸あれ!
by skyalley | 2011-11-20 10:38 | cocoro-e shop
ALFA CRAFTで

昨日 柿の木坂のオーダー木工家具店
ALFA CRAFTさんへ納品に行きました
オーナーでありデザイナーの新谷欣司さんに
結婚された友人ご夫妻の名前を揮毫した書のご注文を頂いていたのです
中秋のよく晴れた午後の光が
さまざまなテーブルの上を柔らかに流れていました

f0085284_22494837.jpg


作品をさっそくに見て頂きました
新郎と新婦の名前の一部が 
コの字で向かい合っていることに気づいたので
その部分は金泥で書いて 
末永いおしあわせを祈りました

f0085284_22511933.jpg


ご夫妻は新居用にALFA CRAFTさんでダイニング・セットを購入
椅子に張った布の色目や風合いと
作品もしっくりと合ったので
とても安堵しました

試しに店の壁に額を掛けてみることになりました
マットの色が違う二点の額が用意されていて
材は同じながら
打ちっ放しのコンクリートには
ココア色のマットも 淡い鳥の子色のマットも
どちらもずっと前からそこにあったかのよう
新谷さんを紹介して下さったT-shirt屋の清野さんと二人で
どちらを贈るか 愉しく悩んでおられました

f0085284_22503180.jpg

f0085284_2253351.jpg



これからALFA CRAFTさんで
家族の名や 座右の銘などを
ご注文に応じて揮毫させて頂くことになりました
大・中・小の木製の額に収めて販売を開始して下さるとのこと
よい形での納品ができたこと
清野さんに新谷さんをご紹介頂いたこと
新谷さんとの協同の仕事が決まったこと
何もかもありがたい気持で
帰り道の三日月がいっそうきれいに見えました

f0085284_22533552.jpg


作品は 新谷さんとご友人三人とで
明日ご夫妻に手渡されるそうです
どんなふうに見て頂けるか 緊張しながらも楽しみです


ALFA CRAFTの詳しい情報は http://alfacraft.co.jp/
by skyalley | 2011-11-01 23:02 | cocoro-e shop
アクア・バースハウスでTシャツを


f0085284_1521840.jpg



世田谷の助産院 アクア・バースハウスで
赤ちゃんの誕生を祝うTシャツの見本を置かせて頂きました


ご注文により
前には象形文字のうち 
好・遊・朝・望・光のうちの五文字から贈りたい一文字を
後ろには赤ちゃんのお誕生の日付をお入れします


いつだって赤ちゃんが生まれるのはうれしい
すばらしい
それにお祝いには 女の子には柔らかなピンク地に花柄
男の子には涼やかなブルー地にくまさん柄の贈り物もいい
けれど「放射能時代」という大変な時に生まれてきた赤ちゃんには
ぜひ強く賢く生きてもらいたい
特別にエールを送りたい


そんな願いを込めて
4000年もの時間を生き抜いてきた中国古代の文字を
デザインしてみました


実物をアクア・バースハウスでご覧になれます
詳しい商品説明と注文用紙も置いてもらっています
人生でたくさん着るであろう最初の一枚のTシャツ
贈り物に ぜひどうぞ!
(こちらのコメント欄にてのご注文もお受け致します)
by skyalley | 2011-10-05 13:09 | cocoro-e shop
きもちを かたちに

岡山の畳屋さんと協力して畳の額を作ってみました

額にあなたの好きな言葉を書かせて 
友人たちに頼んでみると
いろいろな思いが語られました

巴里に暮らすm・p・マリ・ピエール
  
  j'aime les gens qui doutent
  私は疑う人が好き

疑うと言っても人を怪しむということではなく
批評的に物事を観るということ
まず自分自身に対して
たとえば何かを決めたときに「ほんとうにそれでいいの?
そのことには必然があるの?」
さまざまに自問し自答することで成長する
もちろん情を大切にしつつ
そういうひとでありたいし
またそういうひとが好きなのだそうです
中国人の友人に頼んで漢文に直してもらいました


f0085284_2354897.jpg



マリ・ピエールの義妹ジュヌヴィエヴ
彼女は巴里生まれ 巴里暮らし
お祖母さんに抱かれて受け継いだ習慣は
早朝の巴里散歩
観光客どころか地元の人も目覚めないような時間に
巴里の通りを一日一本散歩する
そして街の蜜を味わうのだそうです
交差する道を表す「街」という絵文字
虫になって街の蜜を味わうジュヌヴィエヴを思いながら
こんな風に


f0085284_2362378.jpg



カリビアンのロジャー
最近 太極拳にはまっているのだそうです
それまでは地球規模の風を感じることはあったけれど
太極拳のおかげで 宇宙の気に触れることができそうだ と
「気」字を描いてみました
今は「メ」を中に書きますが
もともとは三本の線がふわりと浮いているような絵が
4500年も前のこの文字の元です


f0085284_2371767.jpg



折々の「きもち」を話して頂き
ご希望の「ことば」を共に探し
世界で一枚の「かたち」に描きます

色は黒地黒枠 と 灰櫻地に珊瑚枠
形は長方形15㎝x30㎝ と20㎝の正方形
どれも¥8400


f0085284_23817100.jpg



外国の友人への贈り物
赤ちゃん誕生の命名用などにも ぜひどうぞ


f0085284_238571.jpg


 
by skyalley | 2011-09-15 23:11 | cocoro-e shop
赤ちゃん誕生のカスタムTシャツ
f0085284_15220100.jpg



赤ちゃんが誕生したとき
どんな贈り物をしますか
おくるみや肌着
親しい方ならおむつなど必需品
でも。。。 ずっとそう思ってきました

特にこれから生まれてくる赤ちゃんは
放射能まみれの時代に生きていかなければなりません
こんなひどいことがあるかしらん

そんなことを思っていたら
「楽しくなること」「感謝したいこと」「共感したこと」
そして「社会貢献したいこと」を切り口に
選りすぐった商品を展開しているTシャツ屋「DAYS]の清野さんが
「赤ちゃんの誕生を記念するTシャツ作りましょう」
と持ちかけてくれました

ふつうなら
女の子ならbaby pinkに花やちょうちょ
男の子ならbaby blueに舟やくまさん
でも。。。 と思いました

これからの時代を強くたくましく
そしてやさしく温かみをもって生きて欲しい
それで Tシャツには 
漢字の象形文字を書くことにしました
後ろには生まれた日にちをいれましょう

漢字の象形文字は4500年もの長い生命力を持っています
その簡潔さや工夫 力強さや温かみ 想像力
私が赤ちゃんに望みたい力が 象形文字には備わっています


「朝」「遊」「好」「望」「光」
この5文字の中からお好きなのをお選び下さい

f0085284_1505740.jpg


サイズは70㎝80㎝
    90㎝はTシャツだのみ
Tシャツ  ¥5000
ロンパース ¥5500

添付の注文用紙をご利用頂くか
清野さんのサイトから直接ご注文下さい
誕生日の年月日を記入するときは
どうかおまちがえのないように
しっかりご確認くださいね

http://iliketoday.shop-pro.jp/?pid=34247535
http://iliketoday.shop-pro.jp/?pid=34248280


[I LIKE TODAY](今日が好き)の箱装でお届け致します

f0085284_1534043.jpg


f0085284_1493741.jpg


f0085284_153193.jpg

f0085284_1532424.jpg


赤さんの人生最初のTシャツ
大人になっても大切に取っておきたいTシャツ
[THE 1ST TEE] を贈り物にどうぞ

f0085284_28934.jpg

by skyalley | 2011-09-12 02:08 | cocoro-e shop
象形文字の掛け軸作品
長年 英語を共に学ぶ佐々木明世さんが
いつものように教室に来られ
着席したかと思ったら 
「あらっ」と声を挙げた


掛け軸に気づいたらしい
「あれは 新しい作品?」
制作中の試作品であった


f0085284_1315468.jpg



天地に黒竹を使うのは初めてなので
よい姿に仕上がるかどうかまだ不明だ
明世さんは笑いながら
「私ね わかるの よくなるわ きっと
 和室用に創って下さる?」


びっくりである
作り手がどんなものだろう と思案しつつ
書いては壁に掛け 取り外しては書いている最中なのに
私より自信たっぷりに「わかるの」とは



一ヶ月余裕を見て頂くことにした
軸には
「楽」「時」「望」「父母」「喜」
そして後からご主人様のご注文で「明日」の
象形文字を足して 六枚を揮毫した



明世さんに励まして頂いた形で作品を完成した
お礼状をしたため
それぞれの文字の成り立ちを記し
畳紙(たとうし)風に封筒を仕上げ納品


f0085284_13234923.jpg


f0085284_1316356.jpg


f0085284_1317679.jpg




「掛け軸を飾るために 和室をすっかりきれいにしたのよ」
英語の勉強を終えると
明世さんは「帰って飾るのが待ち遠しいわ」
と 大事そうに作品を持って帰られた



「とてもいいのよ! 主人もとても気に入って
ご近所の方にも寄って見て頂いたの
ありがとう ほんとうにありがとう」
夕方 弾んだ電話の声



お礼を申し上げるのは こちらの方だ
どんな仕上がりになるか まだ試行錯誤の最中に
予約をし できあがりを楽しみにして下さった
後から英語の勉強に来られた娘さんの彩(さえ)さんからも
お褒めの言葉を頂いた



先日 できあがったばかりの冊子
『いくいりぶりあむ』を見て頂きに佐々木家を訪ねた
ご家族総出で 出迎えて下さり
さっそく和室へ案内される



明世さんご自身が
「いいでしょう? これも これも
 ね いいでしょう?」と
象形の書を次々に軸に置いて 見せて下さる


f0085284_1317507.jpg



自分の作品と思えなかった
竹が長すぎるかと案じたが 白地の左右にゆとりを生んでいる
調度品や 活け花など 明世さんの設えあっての作品
互いに映え合い 融合していた



おいしいお茶とご主人様のお手料理までご馳走になった
ご所望下さった方を想いながら
作品を作る過程の仕合わせを下さった佐々木さんご一家に
とても感謝をしている


f0085284_13192285.jpg

by skyalley | 2011-06-13 13:30 | cocoro-e shop
絵本「いくいりぶりあむ」

グラフィック・デザイナーの千秋さんと
小さな絵本を作っている
作っては再考・再製を繰り返し
すでに4冊を数えた


f0085284_18113028.jpg



   大きいのがある 
   小さいのがある


   黒がある 
   白がある


   日本がある 
   世界がある


   かなしみがある
   よろこびがある


震災後 非常用品の袋の隅に
私はこの絵本を入れた
大人たちとの言葉の寺子屋「こころへ教室」
三歳からの「こども・ことば・ひろば」教室
それぞれの営みを通して形になった思いを
この本に込めた

 
災害が目の当たりになっただけで
実はたった今でも世界のどこかで
天災や人災による悲惨な状況が
起こりつつあり 
そして繰り返されている現実
負の側に気づいていても
覚悟が足りなかったとつくづく
今 思う


日常があるということは
常に非日常があるということでもある
日常にその覚悟を抱いて暮らしているかどうか
私という個人
そして日本国
そのことを考えさせた震災だ


f0085284_18122226.jpg



「危機」という言葉は
辞書を引く限りは 危なく不安な状態 とある
「危機」の「危」は確かに 危ない方だが
「機」は「機会」の「機」でもある
危ない 危ない と怖がってばかりいないで
この経験を
私に 日本に 世界にどう活かすかを考え
実行に移す その機会だ


暗号のような
呪文のような「いくいりぶりあむ」は
「平衡」を意味する英語
絵本「いくいりぶりあむ」は
5月5日のこどもの日にまでに完成させようと
今 千秋さんと仕上げにかかっている
by skyalley | 2011-03-20 18:29 | cocoro-e shop