触ることからはじめよう
by skyalley
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:一枚の葉を森へ(no nukes)( 52 )
5歳 デモ初参加は「脱原発」



f0085284_23432975.jpg



9月19日 毎日新聞のこの航空写真の
左から1cm 上から2cmのあたりで
「世田谷」の幟(のぼり)に集まった友人・知人たちと
「さようなら原発5万人集会」に5歳の孫息子を連れて参加しました


化繊地の布に印刷済みがほとんどの幟の中にあって
友人の千秋さんと協力して シーツを裁って縫って
墨とクレヨンで深夜まで掛かって描き上げた表裏4枚の幟は
思いの外目立って 心温まる雰囲気を醸し出していました

f0085284_2345435.jpg


「丸木美術館」の旗にも なかなか力がありました

f0085284_23473597.jpg


とはいえ警視庁の発表で27000人
主催者発表で60000人の中で
後から駆けつけた友人たちと出会うことは至難でした
5歳の孫息子には万単位の同志を肩車をして見せてやりました

f0085284_23574861.jpg


「脱原発」
訴えの内容がとても深刻で悲痛であるがゆえに
緑深い並木道を日本の未来について語り合いながら歩けたことは
これからの私自身の責任の負い方を考える上で貴重な経験でした


f0085284_23503781.jpg



このデモという行動が
いまなお原発を推進しようとする人間や組織にとって
どのような影響を与えたのか 私には分かりかねます
そして脱原発という目標に向けて この先はどう行動するのかも


ちなみに 9月25日(日)
下北沢の「らぷらす」11階 研修室第3で
18:00から今回「世田谷」の幟の下に集まったひとを中心に
「1000万人アクション世田谷」を立ち上げる為の相談会を開きます


私のように今回初めて
脱原発の署名活動や学習会をしてきた者や
すでに長年活動されている方たちのそれぞれの点の活動を 
世田谷を軸に 線に そして面へ広げていこうという試みです


参加費は¥500
興味のある方は個人でも団体でも大歓迎です
お集まり下さい
みなさまのご意見 ご提案などをお待ちしています


f0085284_23562740.jpg



デモに参加された方々 おつかれさまでした
残念ながら参加できなかった方々
これから まだ これからです 
知恵を 力を合わせていきましょう
by skyalley | 2011-09-21 00:09 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
「1000万人アクション 世田谷」

f0085284_0294729.jpg



零時を回りました


今日は9月19日
いよいよ「さようなら原発1000万人アクション」の
明治公園における「五万人集会」の日です
「1000万人アクション」の事務局の方々は
どんなに気を遣い
そして興奮しながら準備をしておられることでしょう


千秋さんといっしょに
二本の竿表裏4枚分の旗を描き上げたところです
あとの3枚は明日のお楽しみ
私たちは愉しんで描かせてもらいました
明日 この旗の下に集まりましょう
もちろん世田谷区民でなくても大歓迎です
私自身も集会やパレード参加は初めて
いっしょに行きましょう


今日はとても暑くなりそう
ぜひ助け合って行きましょう

 
by skyalley | 2011-09-19 00:34 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
19日「さようなら原発集会」へ
19日月曜の敬老の日
明治公園での「さようなら原発集会 集まれ5万人」のうちの
ひとりになりに行きます
http://www.sayonara-nukes.org
孫息子を連れて
小田急線経堂駅のホームの一番前辺りに11時15分友人に集合
さらに
正午にJR千駄ヶ谷駅前の「世田谷」の旗の下に行き
そこでまた合流した友人たちと会場へ向かいます
ご一緒できるかた どうぞどうぞ
「世田谷」の目印は今日の午後書きますがこんな感じです


f0085284_014166.jpg



それからスローガンも描いてみました
B5サイズ 小さめですが
ちょうど服の身頃の大きさです
気に入っていただけたら
ご自由にコピーをしてお使い下さい
前にテープで貼っても 後ろにピンで留めても
手で掲げても 傘に付けても
それぞれで工夫をして下さい

f0085284_002687.jpg


原発!・・反対!・・原発!・・いらない!・・という
重くてしんどい内容のシュプレヒコールが上がるはず
「ゲンコツを振りかざすだけより楽器を貸して頂いてよかった」
笛でも太鼓でも 鳴り物があるほうがいい
と5月のデモに参加した方から聞きました
孫息子のおもちゃ箱から何か探してみましょう


先日友人・知人の協力をいただいて
1548名分の署名を「1000万人アクション」事務局に送りました
全国からの署名は1000万にどれほど近づくでしょう
1000万人の署名も 5万人の集会も
わたしのひとりから と思っています
お天気が味方してくれるといいな
by skyalley | 2011-09-18 00:13 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
果たせた 約束?


f0085284_21571474.jpg



昨年の夏 孫息子の颯太を連れて
妹がパン屋をして暮らしている那須へ遊びに行った
那珂川の支流 余笹川で遊び三昧
東京へ帰るその日も 
どうしても川へ行きたい と言いつのる颯太に
妹は約束した


「来年またおいでね
 またきっと川へ行こうね
 約束ね」


今年 その約束をどうしたらいいものか
放射能の影響で
妹の知り合いのうち 子どもがいる家庭は
多くが西へ東へと縁故を頼って避難していった
そんな中へ5歳の姪孫を呼ぶことはできない


山も川も虫も星も
颯太にほんものを味わって欲しいと
父が亡くなった後も 那須の土地と人を愛して
妹は大好きな家を大事にしてきた
それが今となっては 
家族を安心して呼ぶこともできない


「来年また来ようね」
暮れかけてきた河原で
妹と颯太と三人でそう言い交わしたとき
一体誰が こんなことになると想像しただろう
「3月11日以来 世界は変わってしまったのです」
京都大学原子力実験所の小出先生が繰り返す



話し合いの結果 妹が上京し
東京の多摩川上流で遊ぶことになった
妹を迎えた8月末の東京は
急に肌寒いような日が続いたが
奥多摩へでかけた日は
日よし 風よし 水よし 山よし 空よし
これで放射能の心配がなければ というのは
贅沢な望みだろうか


f0085284_21563892.jpg



f0085284_2154150.jpg



「さっきねぇ」と夕飯の食卓で颯太が言った
「かわで みんなでおふろつくったでしょ?
 あのおふろで そうちゃんおしっこしたとき
 あったかぁいおしっこが
 そうちゃんのひざんとこ とおっていったよ」


約束は果たせたことになるのだろうか
by skyalley | 2011-09-15 22:02 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
第5回脱原発「一枚の葉を森へ」学習会報告



今日は脱原発への活動である私たち「一枚の葉を森へ」の
海沼さん・福嶋さん・橋本さん・馬弓さんに加え
「せたがやこどもいのちのネットワーク」から星野弥生さん 
「フリースクール僕んち」のタカハシトールさん 
「人の泉 オープンスペース“Be!”」の佐藤由美子さん
そして8月28日の千歳船橋駅前での署名後
ブログを通してつながった同町内の方が
初参加をしてくれました


点の活動を線へ そして面へと願っていたので 
おかげさまでお互いのご縁を喜び 
これから共に活動を広げようと話し合えた
なごやかで有意義な会となりました


以下今回の決定事項です

①次回の会合日時
 9月25日(日)午后6時 
 下北沢「らぷらす」11階 研修室第3
   9月19日の
   明治公園における「五万人集会」に参加した人にも呼びかけ
  「1000万人アクション世田谷」を立ち上げるための
   準備会を開きます 
    
② 学習の課題 
    参加者全員で手分けをし 
    各自興味のある議題を勉強します 
    互いに伝え合い 学び合うようにしましょう
    海沼さんから詳しく内容を説明してもらいました
  イ 原発の歴史
    (軍事面・世界の原発・使用済み核燃料処理)
  ロ 放射能問題
    (人体への影響・チェルノブイリ・身を護る・原発労働者の被曝)
  ハ 日本の原発問題
    (利権の構造・電力エネルギーの実態・福島原発事故の状況・
     経済から見た原子力発電)
  ニ 脱原発社会の構築
    (生活の見直し・過渡期のエネルギー・自然エネルギー・政府への
     働きかけ)
  
③ 恒例署名活動
  脱原発に関して今後は 政府からその方針が出されるまで
  毎月第3土曜日2時〜4時 千歳船橋駅前
  署名を下さった方に賛同カンパと 
  署名用紙の裏に賛同者としての名前記載を依頼しましょう 
  
④ 恒例学習会
  署名活動を終えた午後5時〜8時
  子育て広場「ぶらんこ」
  世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館 2階
  http://tokyo.seikatsuclub.coop/care/raise/buranko.html

⑤ 「五万人集会」参加
  9月19日(月曜祝日)12時にJR千駄ヶ谷駅
  「世田谷」と大書した旗の下に集合 
  ひまわりの目印が加わるかも
  集会後のパレードで 
  街の人々にアピールするための仕掛けを各自工夫 
  
⑥ 活動資金としての募金
  学習会における参加費(¥500)と
  署名活動と学習会の時の賛同カンパを充てる
  
9月19日の「五万人集会」を
身近なひとにできるだけたくさん伝えましょう

社会活動新米の「一枚の葉を森へ」のメンバーにとっては 
内容大盛りの時間でしたが 
経験豊富な先輩方との出会いは 
ほんとうにありがたく励まされました 
ありがとうございました

では9月19日 晴天を祈って

 
by skyalley | 2011-09-11 23:36 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
署名封筒の重み



署名活動に協働して下さっていた友・涼子さんが
用紙を私に届けようと予定していた日の朝に
ギックリ腰を患いました


私は「次回12月の署名締め切り日でもだいじょうぶ
署名活動はまだまだこれから
無理をしないで 休養 休養」
悔しがる彼女を慰めました


すると
締め切り日前日であったその日の夕方
こんなメールが届きました



 無事 ただ今
 成城の本局より速達で投函しました

 今日 久しぶりに遊びに来ていた息子の中学時代の友人四名も  
 きちんと納得の上
 署名をしてくれました。

 しばらくして
 ニュースや新聞紙面で19日の集会を見聞きした時に
 あの一筆に自分も賛同し署名し
 世の中を変えて行く大きな運動に参加出来たことを知った時
 何を思うでしょう
 ちょうど来年成人式を迎える若い人達にとって
 “考える”よいきっかけになってくれたとしたら
 こんなに嬉しいことはありません。
 まだ残っていた腰の痛みもどこかに消えたかのようです。
 署名を頂いた皆さんの気持ちが間に合い よかったです。



中学・高校・大学
育ち盛りの三人の息子さんのお母さんとして
この夏はどれほど「おひさま」役をこなしたことでしょう
その疲れが出たのかも知れません
それでも腰痛を押して
第一回の署名締め切り日に何としても間に合わせようと
本局へ走り 速達で発送し終えた彼女の気持ちが
痛いほどわかりました


私が8日に集計して送った分が1394筆
それに友人が送って下さった154筆分を加え
「一枚の葉を森へ」から
「1000万人アクション」事務局へ送った署名は
全部で1548筆と相成りました


総数もさることながら
署名活動のおかげで
涼子さんの真摯な素顔をまた見せてもらいました
ギックリ腰がおだやかに鎮まりますように
by skyalley | 2011-09-11 01:42 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
第4回脱原発に関しての学習会のお知らせ


脱原発に関して第四回学習会のお知らせです


以下の7つの議題に関してご確認・ご意見を

①次回第四回学習会日時
 11日(日)午后4時 「こころへ教室」(高橋自宅)
 世田谷区船橋1−54−10−101 有隣病院近く水道道路沿い

② 学習会の命名 
   「一枚の葉を森へ」?
  
f0085284_948883.jpg

   「つながる」?
  
f0085284_9483083.jpg


③ 学習の課題 
  一口に原発問題と言っても問題は多岐多様に亘っています
  これから学習会を続行していくにあたり
  どのようなことを主に学んでいく必要があるのか
  参加者全員で手分けをし各自興味のある議題を勉強し 
  互いに伝え合い学び合うようにしましょう
   イ  原発の歴史
   ロ  放射能問題
   ハ  日本の利権問題
   ニ  エネルギー問題 など
  海沼さんに叩き台としての課題をご提案頂きますので
  ご意見をお出し下さい

④ 署名活動
  昨日「脱原発1000万人アクション市民の会」事務局宛に
  総数1394名分の署名用紙を発送しました
  署名活動について海沼さんと福嶋さん 千秋さんと
  6月初めに 初めて集まったときには
  300くらいはできるかな え?500くらいはがんばりましょう
  などと話していたことを思い出すと 感無量です 
  ご協力下さったすべての方に ありがとう!   
  前回の学習会で 今後は 政府から脱原発の方針が出されるまで
  三週間に一度くらいの割合で
  二時間ずつの署名活動を地道に続けていこうと話しました

⑤ 「五万人集会」参加
  9月19日(月曜祝日)12時にJR千駄ヶ谷の駅で 
  までは決めましたが
  大勢の人が集まるでしょうから どんな目印を作るか
  集会後のパレードで 
  街の人々にアピールするためにどんな仕掛けを工夫できるか 

⑥ 活動資金としての募金
  今まで作ったチラシのデザイン料や印刷代など
  すでに出費があります
  これからの活動のための資金をどう作っていくか

⑦ 学習会場
  学習会への参加者を増やし助け合っていきたいと思います 
  より広く便利な場所として
  経堂の生活クラブの一室を借りられるよう働きかけています

多くの方と共に学んでいく必要があります 
お知り合いやご友人に声をかけてください

ご参考までに
「核を求めた日本」 http://vimeo.com/23185260
by skyalley | 2011-09-09 09:51 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
署名総数 1394名を届けました

昨夕 「脱原発1000万人署名」の第一次締め切り日を前に
「市民の会」事務局宛送付しました


署名総数 1394名

f0085284_2357231.jpg


署名用紙の一番上に大書しました


郵便局の局員さんが
私が差し出した小包みの宛名を見ると
「ゆうパックがいいと思いますが どうでしょう
 普通郵便より少しお安いですし 
 それに安着したかどうかの確認も取れます」


f0085284_2358920.jpg



9月19日 明治公園での
「さようなら原発5万人集会」で
全国からの署名総数が発表されると思います
目標の1000万人にどこまで近づくか 
楽しみ 楽しみ!


社会的・政治的・経済的
さまざまな側面を抱え持っている原子力発電所問題
日々の暮らし いのちに直接関わる問題と捉え
わがこととして自主的に活動するひとがいる一方で
自分の身に引き寄せて考えることをしないひとがいる


両者の間の あまりの溝の深さ・暗さ・遠さ・ふしぎさに
気が遠くもなるが
それでも
「沈黙は賛成を意味する」
この合い言葉でまずは繋がったひとびとの思いを届ける
という第一歩を踏み出せた


署名活動に参加して下さったみなさまに
こころから感謝致します
これからも具体的に働きかけられることをしていきましょう
by skyalley | 2011-09-09 00:03 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
署名総数 1184


6月15日に脱原発のための「1000万人アクション」が発足し
集まれ5万人! 9・19の「さようなら原発集会」を知ったときは
随分先のことに感じていましたが
あと12日と迫りました
私は集会などという場に参加するのは初めてのことなので
その意味ではわくわくしています
が 同時にあのような台風の惨禍を目の当たりにし
あらためて一秒でも早く脱原発を実現させなければならない
そのためには9・19の「さようなら原発集会」を
大いに盛り上げなければ と心を引き締めています


おかげさまで今日現在 署名総数1184名となりました
明日8日に事務局に発送するつもりです
お手元に署名用紙をお持ちの方は
各自で事務局宛に送付して頂いても構いませんし
8日午前中に間に合うようでしたら
私宛ご送付下さいますようお願い致します


「さようなら原発 5万人集会」詳細は以下のサイトで
http://sayonara-nukes.org/2011/09/110919_s/


因みに私たちの脱原発活動団体「一枚の葉を森へ」は
世田谷の他の活動家の方々と
9月19日(月・祝)正午にJR千駄ヶ谷駅に集合する予定です
集会を前に 当日の詳細を決めるため
また今後の活動や学習会の内容などを話し合うため
9月11日(日)午后4時から我が家で第三回目の学習会を開きます
多くの方に声を掛け 参会して頂きたいと思います


「一枚の葉を森に」し まずは脱原発を実現させましょう!

f0085284_057350.jpg

by skyalley | 2011-09-07 01:05 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
5歳と93歳


旭出(あさひで)学園は
昭和25(1950)年創立者 徳川正子・三木安正によって開設され
知的発達の遅れた子どもたちのための学園です


8月7日と28日の二回に亘って
千歳船橋駅前での脱原発の署名活動において
マイクを通し その熱き思いを語ってくださった鹿野先生は
長年幼児教育に努めてこられた方です
御年93歳


f0085284_1333679.jpg



私の孫息子・颯太に と
28日の署名日 まっさきに
「あさひでがくえん玩具部」と書かれた箱を手渡してくださいました
母親と共に駆けつけた颯太に手渡すと
先生の前に進み出て 神妙な顔つきで礼を言った後
その場に座って箱を開けていいか と私に聞いてきました


f0085284_12595737.jpg



果たして現れ出でたのは 木の汽車
夕暮れ時 節電の駅前の地味なタイルの上で
色とりどりのその汽車は輝いていました


f0085284_1315517.jpg



何十年も前に旭出学園の中等部の生徒さんたちが作った木のおもちゃ
当時 駒場幼稚園園長でおられた先生は
全4保育室に5組ずつの汽車を旭出学園に注文しました
そしておもちゃの作り手である生徒たちには
お弁当持ちで作品を届けに来てもらい
目の前で園児たちがそのおもちゃに興じる姿を見る という日を設けました
その日 障害児たちは自分たちが何を作ってきたのかを初めて知り
「一年で一番晴れの日」となったそうです


f0085284_1304227.jpg



諸事情により
その木の汽車は もう作られなくなってしまいました
鹿野先生のお手元にあった最後の1セットが颯太に贈られました


f0085284_1324265.jpg



「前回の脱原発署名活動のときに
 ビラ配りをして手伝ってくださった
 未来を担う颯太君にぜひ」
鹿野先生は照れたように そう仰いました


f0085284_1353782.jpg

by skyalley | 2011-08-30 13:12 | 一枚の葉を森へ(no nukes)