触ることからはじめよう
by skyalley
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:一枚の葉を森へ(no nukes)( 52 )
2.11代々木公園集会


f0085284_22362328.jpg

「さようなら原発1000万人アクション」が主催する
2.11代々木公園集会に
孫息子の颯太を連れて出かけました


去年9月11日の集会で作った「世田谷」の幟を掲げ
トールさんもご自慢のひまわり・おひさまの幟を掲げ
その元に知人 友人達が集まりました
f0085284_22405838.jpg


ご夫婦で参加された鷹濱さんと
颯太はたっぷり遊んでもらい
ゆっくり腹ごしらえ

f0085284_22375743.jpg

f0085284_2238326.jpg

f0085284_22394488.jpg


去年 脱原発を願って立ち上げた「一枚の葉を森へ」の同志
海沼さんには昨日 一人娘さんに初孫が生まれ
今日は そちらへわくわくの初顔合わせ


小さな赤さんのためにも
原発事故の不安のない社会を と
みなで明治公園まで歩きました


f0085284_22424428.jpg

by skyalley | 2012-02-11 22:44 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
映画会・講演会 無事閉会



1月29日、経堂の生活クラブ館にて
「1000万人アクション世田谷」主催による、
映画「夏休みの宿題は終わらない」の上映会と講演会が開かれた。


昨年9月11日の明治公園での
「さようなら原発1000万人アクション」集会で
「世田谷」の幟の元に集まった区内の活動団体が、
脱原発という共通の目標に向かって協働しようと立ち上げたのが
「1000万人アクション世田谷」だ。


この活動を点から線へ、線から面へと活発化させようと、
賛同者が仕事や家事・育児の合間を縫い、
企画・実現に漕ぎ着けた会であった。



「夏休みの宿題は終わらない」は、
通訳業の倉岡明子さんが、23年も前に、
ふるさと青森が核燃料再処理工場を受け入れたら、
環境や住民にいったいどんなことが待ち受けているのか。
大きな不安を抱きながら、
その実態を六ヶ所村の人々にまず知らせたいという一念で、
ご主人と9歳の息子さんを伴い、
すでにその工場を稼働させて数十年を経ているイギリスとフランスへ渡り、
周辺住民に単独インタビューを敢行したドキュメンタリー作品だ。


息子さんの夏休みに持ち帰った「廃炉へ」という「宿題」は
四半世紀経った今、私たちが「終わらせる」課題。
当時倉岡さんの渡欧を後押ししたのが「原子力資料情報室」創設者
高木仁三郎氏。
現在の同室共同代表・伴英幸氏が
「福島原発事故と核燃料サイクル政策の転換に向けて」と題し講演。


 映画制作者の倉岡さんは
「脱原発へ向けて、
 これからも自分が出来ることを自分で考え行動していきます。
 皆様もそれぞれの場で、それぞれに何が出来るかを考え、
 行動して下さい。」と静かに熱いエールを送って下さった。


f0085284_1156333.jpg


講演者の伴さんは参加者からの質問に
「この4月、全部の原発が検査のため一時停止を余儀なくされる。
その時が永久停止へ向けての大きなチャンスです」と応え、
廃炉への固い決意を改めて表明された。

f0085284_11562616.jpg


当日は、
「1000万人アクション世田谷」も協力した都民投票への呼びかけ、
ウラン採掘の裏に隠された真実を明らかにした作品
『イエロー・ケーキ~クリーンなエネルギーという嘘』のチケット販売や、
「ふくしまっ子 リフレッシュin世田谷」の告知もされた。
「ふくしまっ子」はこの春休みに、高い放射線量の環境からしばし離れ、
世田谷区で心身共に保養してほしい、
と福島の親子50名を招待する活動だ。


原発事故後、
それぞれに学びつつ強い絆を作り始めた母親達にも参加しやすいように、
一日二回講演とし、また託児所も設けた。
とはいえ地味な映画に講演、
いったいお客様は集まって下さるのだろうかと案じていたが、
北風の冷たい朝の会に40人余り、
午後には150名近い方々にご参加頂いた。


映画・講演会を通じての出会いや思いが、
脱原発の「宿題」を終わらせる手を増やすことに
僅かなりとも貢献できたなら、有り難いことである。

f0085284_11565444.jpg




「1000万人アクション世田谷」呼びかけ人:
世田谷市民運動いち・世田谷こどもいのちのネットワーク・NPO僕んち・人の泉オープンスペース“Be!”・一枚の葉を森へ・空間の感触・こどもふくしま緊急支援チーム
by skyalley | 2012-01-31 11:43 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
「一枚の葉を森へ」学習会《4》


f0085284_12534928.jpg


雪交じりの日となりました
本日1月21日(土)午後2時から4時まで
「一枚の葉を森へ」は生活クラブ生協の方々と
小田急線千歳船橋駅前で
「1000万人アクション」脱原発署名
都民投票署名を行います

その後 午後5時より
経堂の生活クラブ生協「ぶらんこ」にて
第四回「一枚の葉を森へ」の勉強会を開きます
お寒い中をご足労をおかけしますが
お誘い合わせの上 ぜひご参加頂きたく
以下 ご案内致します


「一枚の葉を森へ」学習会《4》

新たな年もすでに一ヶ月が過ぎようとしています 
お正月を皆様はどんなお気持ちで迎えられたでしょうか

3.11を受けての脱原発活動「一枚の葉」は 発足以来7ヶ月 
おかげさまですこしずつ「森へ」と形を変えてきました

2011年5月     
「その時歴史が動いた:
 母親たちの反核運動~3000万の署名、大国を揺るがす」に動かされる 
6月6日 馬弓さんと脱原発署名活動「一枚の葉を森へ」企画 
6月7日 海沼さんと具体案を制作 
     それぞれの生活や活動の場で署名活動開始
8月   大嶺さん加わり お母さん方の繋がり広がる 
9月11日 「さよなら原発1000万人アクション」主催 
     明治公園での6万人集会参加
9月25日 「1000万人アクション世田谷」に賛同 
10月22日 署名活動にお母さん方との勉強会加えた
       第一回「新 一枚の葉を森へ」  
11月19日 第二回「一枚の葉を森へ」   
12月17日 第三回「一枚の葉を森へ」
      「都民投票」署名活動開始
      「こどもふくしま緊急支援」に賛同 
1月21日  第四回「一枚の葉を森へ」
1月29日  『夏休みの宿題は終わらない』上映会と
       原子力資料情報室・伴さんの講演会 
2月11日 「さよなら原発1000万人アクション」
       全国一斉集会 代々木公園参加
2月28日 「さよなら原発1000万人アクション」
       署名締め切り

    _________________

本日の会の内容

午後5時 開会 高橋由紀子
       (言葉の寺子屋WATCH+TOUCH主宰 船橋在住)  
       「放射能時代に生きる暮らしの知恵を探る」高橋
            休憩(15分)
7時30分   「一枚の葉を森へ」の今後に関して意見交換 
8時   閉会 海沼栄造


尊いのは「感じる 考える 実践する」おかあさんのエネルギーです


一枚の葉を森へ 後援「1000万人アクション世田谷」
世田谷こどもいのちのネットワーク・タカハシトール(フリースクール僕んち)・オープンスペース“Be”・世田谷市民運動いち・空間の感触
by skyalley | 2012-01-21 12:57 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
『夏休みの宿題は終わらない』ご案内
来年1月29日(日)に
世田谷区経堂の生活クラブにて
核燃料施設周辺に生きる人々の実体に
一人の母親が挑んで制作した記録映画
『夏休みの宿題は終わらない』の上映会と
原子力資料情報室の伴 英明氏による講演会を
「1000万人アクション世田谷」の主宰で開きます


詳しくは添付のチラシをご覧下さい


託児のご要望にもお応えできます
皆様のご参加をお待ちしています
お申込は
10million.setagaya@gmai.com

f0085284_21571998.jpg
f0085284_2157462.jpg
by skyalley | 2011-12-24 11:23 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
第3回「一枚の葉を森へ」学習会のお知らせ

f0085284_0502089.jpg



「一枚の葉を森へ」学習会《3》

来年の1月29日に 
経堂の生活クラブ館で
『夏休みの宿題は終わらない』という映画を上映することになりました
(詳しい内容は明日 こちらのブログでご紹介致します) 


この映画は「一枚の葉を森へ」が
一員となって結成した「1000万人アクション世田谷」に推薦し
承認を得て 
映画制作者の倉岡明子さんとの二ヶ月間の綿密な交渉 
そして馬弓千秋さんのレイアウトのお陰で 
上映会と原子力資料情報室の事務局長・伴 英幸氏の
講演会のチラシをお届けするまでの運びとなりました


倉岡さんは 
1984年核燃料サイクル基地建設が決定した故郷・青森は 
これから一体どうなってしまうのかを案じに案じ 
88年親子三人で自らイギリスとフランスの核燃料施設を訪ね 
周辺に暮らす人々にインタビューを敢行しました 
『夏休みの宿題は終わらない』はその記録映画です 


当時9歳だった倉岡さんのご子息の夏休みを利用した一ヶ月の旅 
今から20年以上も前に 
そこから持ち帰った「宿題」はいまだに終わっていません

 
たくさんのお母さん方に観て頂きたいと願い 
午前・午後の二回上映とし また託児所も準備しました  
皆様のご友人・知人にもご紹介頂きますよう 
ご協力をお願い致します 


学習会内容    
午後5時 開会 高橋(言葉の寺子屋WATCH+TOUCH主宰 船橋在住) 
     各自自己紹介 
  5時半 「放射能の常識・非常識を考える」海沼栄造
      (私塾「悠愉学舎」主宰 上馬在住)
  休憩(15分)を挟みつつ 随時意見・情報交換
  7時50分  閉会 海沼
  8時     閉会


次回の「一枚の葉を森へ」の学習会は同じ場所で
来年1月21日(土)
「放射能時代を生きる知恵」(担当・高橋)です
どうぞお誘い合わせの上 
ご参会くださいますよう よろしくお願いいたします


 ___________________

後援「1000万人アクション世田谷」
世田谷こどもいのちのネットワーク
タカハシトール(フリースクール僕んち)
オープンスペース“Be”
世田谷市民運動いち
空間の感触 

 ___________________

連絡先
高橋由紀子 080-5680-2209 skyalley@saturn.dti.ne.jp
       http://skyalley.exblog.jp/i60/
海沼栄造  080-5526-0538 yuyu-kainuma@ezweb.ne.jp


 ___________________

今必要なのは 
一人一人が「感じる 考える 実践する」人間エネルギーです 
その力を十二分に活用し
「知足」を基盤にする共同体作りをしたい 
その経験や知恵を子どもたちに伝えていきたいと考え 
世田谷区在住の5人で発足させたのが
「一枚の葉を森へ」です
一枚の葉の形はすでに一本の木の姿です 
一枚の葉であることは 
すでに木の そして森の一部なのです 
脱原発に向けて手をたずさえましょう
by skyalley | 2011-12-15 00:58 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
毎日どこかで
yahoo japan地震情報

発生時刻情報発表時刻震源地マグニ
チュード最大震度
2011年12月3日 6時03分 ごろ2011年12月3日 6時07分千葉県南部4.43
2011年12月3日 5時55分 ごろ2011年12月3日 5時59分千葉県南部5.24
2011年12月3日 0時51分 ごろ2011年12月3日 0時55分茨城県北部2.81
2011年12月2日 21時58分 ごろ2011年12月2日 22時03分岩手県沖3.41
2011年12月2日 20時08分 ごろ2011年12月2日 20時12分新潟県中越地方2.31
2011年12月2日 19時40分 ごろ2011年12月2日 19時44分宮城県沖3.61
2011年12月2日 17時58分 ごろ2011年12月2日 18時02分宮城県沖3.92
2011年12月2日 17時16分 ごろ2011年12月2日 17時21分茨城県沖4.22
2011年12月2日 16時39分 ごろ2011年12月2日 16時43分岩手県沖4.21
2011年12月2日 16時22分 ごろ2011年12月2日 16時26分日向灘3.21
2011年12月2日 14時42分 ごろ2011年12月2日 14時46分福島県浜通り2.31
2011年12月2日 13時19分 ごろ2011年12月2日 13時24分有明海2.71
2011年12月2日 13時02分 ごろ2011年12月2日 13時06分岩手県沖3.82
2011年12月2日 9時50分 ごろ2011年12月2日 9時54分宮城県沖4.73
2011年12月2日 6時36分 ごろ2011年12月2日 6時40分福島県浜通り3.11
2011年12月2日 5時17分 ごろ2011年12月2日 5時22分千葉県東方沖3.41
2011年12月2日 1時27分 ごろ2011年12月2日 1時31分千葉県東方沖3.72
2011年12月2日 0時41分 ごろ2011年12月2日 0時45分長野県北部3.02
2011年12月1日 22時24分 ごろ2011年12月1日 22時28分長野県北部4.53
2011年12月1日 20時20分 ごろ2011年12月1日 20時25分国後島付近4.62
2011年12月1日 13時47分 ごろ2011年12月1日 13時51分岩手県沖3.01
2011年12月1日 11時44分 ごろ2011年12月1日 11時49分福島県沖4.31
2011年12月1日 9時58分 ごろ2011年12月1日 10時04分茨城県南部3.51
2011年12月1日 5時58分 ごろ2011年12月1日 6時03分岩手県沖3.61
2011年12月1日 5時01分 ごろ2011年12月1日 5時06分福島県沖3.61
2011年12月1日 2時45分 ごろ2011年12月1日 2時50分福島県沖4.41
2011年11月30日 21時55分 ごろ2011年11月30日 21時58分宮城県沖4.03
2011年11月30日 12時08分 ごろ2011年11月30日 12時12分福島県沖4.41
2011年11月30日 9時40分 ごろ2011年11月30日 9時45分福島県中通り2.61
2011年11月30日 2時35分 ごろ2011年11月30日 2時39分福島県浜通り2.91
2011年11月30日 1時30分 ごろ2011年11月30日 1時34分奄美大島北東沖3.41
2011年11月30日 0時32分 ごろ2011年11月30日 0時37分北海道東方沖4.41
2011年11月29日 22時14分 ごろ2011年11月29日 22時18分長野県北部2.61
2011年11月29日 11時12分 ごろ2011年11月29日 11時17分福島県沖3.82
2011年11月29日 8時33分 ごろ2011年11月29日 8時37分宮城県沖3.81
2011年11月29日 8時09分 ごろ2011年11月29日 8時13分岩手県沖3.82
2011年11月29日 8時02分 ごろ2011年11月29日 8時06分福島県浜通り3.62
2011年11月29日 3時53分 ごろ2011年11月29日 3時56分宮城県沖4.43
2011年11月29日 2時50分 ごろ2011年11月29日 2時54分岩手県沖3.71
2011年11月28日 23時33分 ごろ2011年11月28日 23時37分茨城県沖4.43
2011年11月28日 17時39分 ごろ2011年11月28日 17時43分長野県南部2.51
2011年11月28日 13時46分 ごろ2011年11月28日 13時50分宮城県中部2.01
2011年11月28日 12時51分 ごろ2011年11月28日 12時55分茨城県北部3.12
2011年11月28日 12時49分 ごろ2011年11月28日 12時53分茨城県沖3.52
2011年11月28日 12時18分 ごろ2011年11月28日 12時22分岩手県沖3.11
2011年11月28日 12時11分 ごろ2011年11月28日 12時15分宮城県沖3.91
2011年11月28日 7時36分 ごろ2011年11月28日 7時40分千葉県北西部3.01
2011年11月28日 7時25分 ごろ2011年11月28日 7時30分宮城県沖3.92
2011年11月28日 1時44分 ごろ2011年11月28日 1時48分福島県浜通り3.11
2011年11月28日 0時55分 ごろ2011年11月28日 1時00分トカラ列島近海3.92
2011年11月28日 0時18分 ごろ2011年11月28日 0時23分福島県浜通り3.62
2011年11月27日 13時06分 ごろ2011年11月27日 13時10分茨城県沖4.02
2011年11月27日 11時26分 ごろ2011年11月27日 11時30分茨城県沖3.91
2011年11月27日 10時07分 ごろ2011年11月27日 10時11分福島県沖4.52
2011年11月27日 9時11分 ごろ2011年11月27日 9時15分福島県沖3.71
2011年11月27日 8時43分 ごろ2011年11月27日 8時47分福島県浜通り2.81
2011年11月27日 3時28分 ごろ2011年11月27日 3時33分岩手県沖3.51
2011年11月27日 3時25分 ごろ2011年11月27日 3時30分岩手県沖4.11
2011年11月27日 2時03分 ごろ2011年11月27日 2時07分福島県沖3.71
2011年11月26日 23時34分 ごろ2011年11月26日 23時38分岩手県沖3.82
2011年11月26日 22時59分 ごろ2011年11月26日 23時03分山形県置賜地方3.52
2011年11月26日 21時48分 ごろ2011年11月26日 21時52分福島県浜通り3.21
2011年11月26日 20時44分 ごろ2011年11月26日 20時49分福島県沖3.62
2011年11月26日 20時09分 ごろ2011年11月26日 20時13分福島県沖4.33
2011年11月26日 20時06分 ごろ2011年11月26日 20時12分千葉県南部3.51
2011年11月26日 15時01分 ごろ2011年11月26日 15時05分茨城県沖3.11
2011年11月26日 13時27分 ごろ2011年11月26日 13時31分茨城県沖3.31
2011年11月26日 10時43分 ごろ2011年11月26日 10時47分宮城県沖4.43
2011年11月26日 9時20分 ごろ2011年11月26日 9時25分福島県浜通り2.91
2011年11月26日 9時16分 ごろ2011年11月26日 9時19分福島県会津3.63
2011年11月26日 9時05分 ごろ2011年11月26日 9時10分佐渡付近4.43
2011年11月26日 3時55分 ごろ2011年11月26日 4時00分千葉県東方沖3.52
2011年11月26日 1時45分 ごろ2011年11月26日 1時50分広島県北部3.01
2011年11月26日 0時41分 ごろ2011年11月26日 0時46分岐阜県飛騨地方2.11
2011年11月25日 23時46分 ごろ2011年11月25日 23時51分秋田県内陸南部2.31
2011年11月25日 22時16分 ごろ2011年11月25日 22時21分宮城県沖3.12
2011年11月25日 21時38分 ごろ2011年11月25日 21時41分茨城県沖3.83
2011年11月25日 19時56分 ごろ2011年11月25日 20時01分岩手県沖3.31
2011年11月25日 19時40分 ごろ2011年11月25日 19時45分千葉県南東沖3.41
2011年11月25日 15時37分 ごろ2011年11月25日 15時41分和歌山県北部2.51
2011年11月25日 15時35分 ごろ2011年11月25日 15時40分長野県北部2.11
2011年11月25日 12時43分 ごろ2011年11月25日 12時48分広島県北部2.81
2011年11月25日 11時28分 ごろ2011年11月25日 11時33分福島県浜通り4.02
2011年11月25日 11時08分 ごろ2011年11月25日 11時13分佐渡付近3.61
2011年11月25日 8時21分 ごろ2011年11月25日 8時25分岐阜県飛騨地方2.31
2011年11月25日 5時14分 ごろ2011年11月25日 5時17分静岡県東部2.73
2011年11月25日 5時07分 ごろ2011年11月25日 5時11分広島県北部2.61
2011年11月25日 4時58分 ごろ2011年11月25日 5時01分茨城県北部3.11
2011年11月25日 4時52分 ごろ2011年11月25日 4時55分広島県北部4.33
2011年11月25日 4時50分 ごろ2011年11月25日 4時53分------3
2011年11月25日 4時35分 ごろ2011年11月25日 4時38分広島県北部4.64
2011年11月25日 4時33分 ごろ2011年11月25日 4時36分------4
2011年11月25日 2時43分 ごろ2011年11月25日 2時47分福島県会津2.22
2011年11月25日 2時39分 ごろ2011年11月25日 2時42分福島県会津3.13
2011年11月25日 0時21分 ごろ2011年11月25日 0時25分福島県浜通り3.52
2011年11月24日 23時46分 ごろ2011年11月24日 23時50分福井県嶺北2.81
2011年11月24日 23時07分 ごろ2011年11月24日 23時11分福島県沖3.31
2011年11月24日 22時14分 ごろ2011年11月24日 22時18分青森県東方沖3.81
2011年11月24日 21時47分 ごろ2011年11月24日 21時51分埼玉県南部3.52
2011年11月24日 21時06分 ごろ2011年11月24日 21時10分茨城県沖4.01
by skyalley | 2011-12-03 06:33 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
第二回「一枚の葉を森へ」学習会
f0085284_9584043.jpg



「一枚の葉を森へ」学習会《2》

初めての「一枚の葉を森へ」学習会から一ヶ月が経ちました

野田総理は9月23日 ニューヨークで開かれた
『原子力安全及び核セキュリティに関する国連ハイレベル会合』において
「日本は原子力発電の安全性を世界最高水準に高めます」
「日本は原子力利用を模索する国々の関心に応えます」と演説しました 
その言葉通り 佐賀の玄海原子力発電所が再稼働し 
ベトナムにおける原子力発電所二基の建設継続を両国の首相間で合意しました

「一枚の葉を森へ」が活動目標の一つとしている
「脱原発」とは極に立つ姿勢には唖然とするばかりですが 
毎月一度のこの会が 
特に子育て中の母親たちが意見や情報交換を重ね 
子どもたちのために放射能時代を助け合って生きていく
一助になればと願っています


本日は「世田谷区こどもを守る会」からも数名参加して下さいます 
点を線に 線を面に 
焦らず弛まず諦めず活動を続けていきましょう


午後5時 開会 高橋由紀子
       (言葉の寺子屋WATCH+TOUCH主宰 船橋在住)  
  5時半「放射能から子どもを守る」大嶺 愛(めぐみ)さん
       (2歳・9歳児の母 船橋在住)の発言から
   休憩(15分)を挟みつつ 自己紹介・随時意見・情報交換
  7時40分 閉会 海沼栄造(私塾・悠愉学舎主宰 上馬在住)
  8時    閉会

次回は同じ場所で12月17日(土)
「原発の常識・非常識」(担当・海沼)
お誘い合わせの上 ご参会くださいますよう よろしくお願いいたします

後援「1000万人アクション世田谷」
(世田谷こどもいのちのネットワーク・フリースクール僕んち・
 オープンスペース“Be”・世田谷市民運動いち) 
高橋由紀子 080-5680-2209 skyalley@saturn.dti.ne.jp
       http://skyalley.exblog.jp/i60/
海沼栄造  080-5526-0538 yuyu-kainuma@ezweb.ne.jp

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今必要なのは 
一人一人が「感じる 考える 実践する」人間エネルギーです 
その力を十二分に活用し
「知足」を基盤にする共同体作りをしたい 
その経験や知恵を子どもたちに伝えていきたいと考え 
世田谷区在住の5人で発足させたのが「一枚の葉を森へ」です
一枚の葉の形はすでに一本の木の姿です 
一枚の葉であることは すでに木の そして森の一部なのです 
共に手をたずさえ脱原発に働きかけましょう
by skyalley | 2011-11-20 10:02 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
支え


那須に暮らす妹が 震災による被災者に 
毛糸の靴下を編み始めてから半年余り
ようやく40足が出来て 届け先も決まったという
 「死者が思いを伝えることができなくなったなら
  被災者も苦しい中で暮らしているのだとしたら
  私に何が出来のか」
これらの靴下は
毛糸を快く分けて下さった方々
そして編み手の彼女と三人の女性の
思い 考え そして実践が結実した形だ


久しぶりに上京した妹と
真夜中にゆっくり話ができた
昼間は私の孫息子が彼女を独占している
彼女曰く
「靴下を編んで
 被災地に送ることをしているんだけれど
 いっしょにしない? と三人に尋ねた
 ひとりはれんちゃん(私の長女・彼女の姪)
 それから友人二人
 みんな『やらせてほしい』と即答してくれた
 彼女たちのその一言 その思いが
 日々の重苦しい現実にのしかかられそうになったとき
 どんなに救いになっているだろう
 ありがたいね」


6月初め
YOUTUBEで主婦が始めた反核運動で
3000万人の署名を集めたという事実を知った 
番組を見終わると
私はすぐに自分なりの署名用紙を作ってみた
そこへご近所の千秋さんが ふらりとやってきた
「脱原発の署名活動をしようと思うんだけど」
「やりましょう 由紀子さん やりますよ!」
グラフィックデザイナーの彼女の手に署名用紙を託した
私が寝入っていた夜中に
彼女はそれを印刷できる状態にまでレイアウトをし
私のメールに送ってきてくれていた



翌日
私は経堂で私塾を営む友人の海沼さんに電話をした
「脱原発の署名活動をしようと思うんだけど」
「うん いいよ しよう しなくちゃね」
その署名用紙を持って すぐに彼のもとに駆けつけ
これからの署名活動のことを話し合った


右があれば左があり
夜があれば朝があり
山があれば海があり
いつでも相対すること・もので
世界は成り立っていると思っている
自分の意見と真っ向対立する意見の持ち主の存在にも
驚きはしないが
あんな大惨事が起こった後にも
原発を必要だと言って憚らない人のことを
私はその人の発言の自由を尊重するが
発言の内容については本当に訝しく思う



だからこそ
日々の落胆や懐疑や
不条理や理不尽なことを目の当たりにしても
妹も話していたように
「いいよ!」と繋がっていくひとを
本当に愛おしいと
ありがたいと しみじみ思う


f0085284_10302928.jpg


 
by skyalley | 2011-11-12 10:34 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
「一枚の葉を森へ」10月22日活動記録
f0085284_15311477.jpg



心配された雨も降らず 
10月22日第3回目の千歳船橋駅前署名をお陰様で無事終えました
活動を聞いて駆けつけて下さった方々のお力添えを頂き
2時間で47名分のご署名を頂きました 
数が少ないことは否めませんが 
「これからの活動には必ず声を掛けて下さい」と
名刺を置いていって下さった母親
「後で学習会に行くよ」と言い置き 
1時間後本当においでくださった鈴木泰規さん
新たな繋がりに恵まれました


活動の途中で一政党のマイクでの
街頭演説が始まってしまったので
こちらが「ご署名を!」と訴えていると党員かと
勘違いされたのには困りました


今回は9月19日の明治公園集会で使った
「世田谷」の幟を使いましたが
署名中はあちこちに散らばって立つよりも 
あの「世田谷」の幟を中心に と反省しました
「世田谷」の幟がお役に立てるときがありましたら 
いつでも声を掛けて下さい


1時間後 隣の経堂に移り
生活クラブ内「ぶらんこ」で第1回目の学習会を開きました
海沼さんの誘いでお運び下さった70代の女性
同じく70代の鈴木さんも含め 
あらたに8名の方との出会いがありました
会場は子どもが飽きないように
たくさんの玩具があり 炊事場使用も自由なので
子どもたちの元気な声に支えられて 
真剣でそして和気藹々の集会でした
以下は1歳の女児を連れて来られた母親からの感想です

::::::::::::::::::

 昨日は勉強会に参加させていただきありがとうございました。
 娘も思い切り遊んで満足したようでした。

 3月以来 主に一人で情報収集していたので、
 人は自分に関心のあることしか
頭に入ってこないようにできているのか
 (事故前に私自身原発にほとんど関心がなかったように・・・)
 今度は原発問題の中でも関心のあることだけを調べては、
偏った考え方になっていっているような心配もあったので
 「原発をなくしたい」という同じ思いを持った、
様々な立場や年齢の皆さんのお話しが聞けて
本当に良かったです。

人前で話すのも文章を書くのも得意ではないのですが
 また勉強会に参加できれば嬉しいです。

  :::::::::::::::::

    
初回の話題「福島原発事故の実情と現状」に関して
担当のM.C.さんが大発奮し 
よく調べ簡潔に話してくれたお陰で
大いに学ばせてもらいました 
社会運動などしたことが無かった自分を駆り立てた
彼女の内からの熱い感想も添えられたので
初めて参加された方達もしみじみと耳を傾けて下さいました


自然界においては たった一枚の葉でしかないけれど 
すでに葉は木の姿をしているのです  
小さな一人だけれど 
すでに社会の一員なのです
この自覚を持った人と人が
繋がっていくことができている可能性を実感することができ
ありがたいことでした


生活クラブ「ぶらんこ」担当者さんにも
細々と気遣って頂き 
よい環境での学習会が実現できたことを感謝します


次回の学習会は11月19日(土)
同じく2時から4時の署名活動の後「ぶらんこ」で
話題は「放射能から子どもを守る」 
担当はO.I.さん
2歳の息子と小学校3年の娘さんの子育て真っ最中のI.さん
福島には友人三人がおられ 
彼女たちのためにも と 
講演会や映画会 読書に署名に と
熱心に学び 活躍していらっしゃいます
これからの社会を変えていく世代を育てている
母親達が繋がることに 
「一枚の葉を森へ」の活動において 
大きな希望を見出している私にとっては
原発事故の問題を我が事として引き受ける姿勢で
日々を歩んでいらっしゃるI.さんが
とても頼もしくありがたい存在です
私も見習って一枚でも多くの葉が集まって
森になるように努めます
22日の活動を通して
新たなご縁を頂いた全ての方々に 
ありがとうございました
                                    
「一枚の葉を森へ」高橋由紀子記

追記
①友人の明世さんは 
  私が「6月初めに署名活動を始めました」と話すと 
  すぐに自筆の手紙を添えて70名近くの友人知人に
  署名用紙を送って下さいました 
  彼女から
  『原発はいらない』幻冬舎ルネッサンス新書(小出裕章著)を
  「一枚の葉を森へ」に寄付して頂きました 
②初めて参加してくださったA.T.さんからも
  『子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと
     ―チェルノブイリの体験から』を譲って頂きました 
  興味のある方にはお貸しします 
  今は大嶺さんが読んでいるところです
③10月30日 
  映画「ミツバチの羽音と地球の回転」が
  「世田谷子育てネット」主催で上映されます 
  日本のエネルギーの最前線 
  上関原発計画に向かう祝島の人々と
  スウェーデンで持続可能な社会を構築する人々の取り組みを通し 
  いかにして自分たちのエネルギーの未来を開くのかを
  描いた映画です 詳しくは
http://www.setagaya-kosodate.net/modules/piCal/index.php?action=View&event_id=0000001763
④11月21日
  「世田谷こどもいのちのネットワーク」
  「グリーンピース・ジャパン」共催で
  「原発を学ぶ連続講座 おさかなクンだいじょうぶ?」が開かれます 
  星野弥生さん03-3427-8447 marzoh@gmail.comへ
⑤原発問題の都民投票に向けての活動が立ち上がりました 
  「一枚の葉を森へ」はこの活動を支持し支援します
  http://kokumintohyo.com/


皆さんのご意見を大いに取り入れた活動にしていきたいと
願っています
皆さんのご意見を大いに取り入れた活動にしていきたいと願っています 
先日参加された「一枚の葉を森へ」のこと 
そして世田谷こどもいのちのネットワーク・フリースクール僕んち・
オープンスペース“Be”・世田谷市民運動いち・悠愉学舎と共に
協働して世田谷市民が繋がるための
「1000万人アクション世田谷」を設立したことを 
友人や知人にお知らせ下さい 
by skyalley | 2011-10-25 15:32 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
今日 第1回脱原発学習会を開きます



2011/10/22 
於:生活クラブ生協「ぶらんこ」:経堂


「一枚の葉を森へ」学習会 《1》

1945年広島と長崎への原爆投下
1954年第五福竜丸事件も被っていながら
1966年日本初の原子力発電所が茨城県東海村に建設されて以来
57基の原子力発電所建設を許してきてしまった
そしてとうとう3月11日福島原子力発電所事故を迎えるまで
「原子力発電安全神話」をしっかり疑ってこなかった
今 このことの子どもに対する責任の一端を担う者として 
何ができるのだろう

一人一人が「感じる 考える 実践する」
この人間エネルギーを十二分に活用し
「知足」を基盤にする共同体作りをしたい
その経験を 知恵を子どもたちに伝えていきたい
そのためにはまず脱原発社会を目指しての署名活動を 
そして学習会をと考え
世田谷区在住の5人で発足させたのが「一枚の葉を森へ」です
一枚の葉の形はすでに一本の木の姿です
一枚の葉であることは すでに木の そして森の一部なのです

f0085284_2145375.jpg


今のところ「一枚の葉を森へ」の面々には
原子力関係の専門家はおりません
ですから何かを講演するということはできません
けれど毎月一度開かれるこの会が 
皆さんとの意見や情報交換を重ね
放射能時代を助け合って生きていく一助になればと願っています


午後5時 開会のことば  高橋由紀子
    (言葉の寺子屋WATCH+TOUCH主宰 船橋在住)
  5時半 「原発事故のあらまし・現状」馬弓千秋
      (グラフィック・デザイナー 船橋在住)
  6時  休憩(15分)
      意見交換 情報交換
  7時40分 閉会のことば 海沼栄造(悠愉学舎主宰 上馬在住)
  8時  閉会

次回は11月19日(土)「放射能から子どもを守る」です
どうぞお誘い合わせの上 
ご参会くださいますよう よろしくお願いいたします

後援「1000万人アクション世田谷」
   (世田谷こどもいのちのネットワーク
    フリースクール僕んち
    オープンスペース“Be”
    世田谷市民運動いち
    悠愉学舎
    WATCH+TOUCH)

高橋由紀子 080-5680-2209 skyalley@saturn.dti.ne.jp
海沼栄造  080-5526-0538 yuyu-kainuma@ezweb.ne.jp
by skyalley | 2011-10-22 02:18 | 一枚の葉を森へ(no nukes)