触ることからはじめよう
by skyalley
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:木( 27 )
HPとブログ新設のおしらせ
本ブログをご覧いただきありがとうございます
木からコミュニケーションについて學んだことを伝える
体験學(ワークショップ)を始めました
それに伴いHPとブログを新設致しました



WATCH +TOUCH 体験學ホームページ
http://www.watchtouch.org/

WATCH +TOUCH 体験學ブログ
(上記HPからのリンクも有り)
http://watchtouch@exblog.jp/

f0085284_12204892.jpg

by skyalley | 2012-05-11 12:21 |
対話のためのワークショップ・ブログ新設


少しオカタイのですが


①求められる「コミュニケーション能力」

(社)日本経済団体連合会(経団連)の2011年調査によると
企業が採用選考時に最も重要視する要素は 
8年連続で「コミュニケーション能力」という結果が出ています


また社員に求める技能としては
「マネージメント(経営・管理)能力」が第1位
そして
「業務専門能力」
「課題達成能力」
「コーチング能力」
「プレゼンテーション能力」
「交渉能力」
「組織統率能力」と
コミュニケーション能力が土台となる項目が上位を占めています


つまり経営者が社員に求めるのは 知識や資格もさることながら
会社という組織内の人間関係におけるコミュニケーション能力です


この事実は 企業のみならず家庭や地域・保育園・学校・施設などにおける
さまざまな日常生活・社会生活において 誰しもが日頃痛切に感じ 
そして呻吟しながら体得できたらと願っている力でもあります
なぜならひととの関わりの中で生きる私たち人間にとって
「コミュニケーション能力」とはとりもなおさず
「生きる力」だからです


② 「コミュニケーション」は まず自己との「対話」

そもそも「コミュニケーション」communicationとは 
ラテン語の
communis (共通の) あるいはcommunio(交わり)と
munitare(舗装する, 通行可能にする)の合成語
「人間が互いに意志・感情・思考を伝達し合うこと」(大辞林)


辞書に依るまでもなく
「コミュニケーション」というと一般的には
他者とのやりとりを考えがちですが
WATCH + TOUCHは
コミュニケーションの基盤を まず「自己との対話」とし
自問自答によって 
その時その場での自分の立ち位置を言葉で言い定める姿勢を
「コミュニケーション能力」の基点とします


一度習慣とすれば一生の「底力」となる
WATCH + TOUCHの対話のためのワークショップ
専用のブログを開設しました

http://watchtouch.exblog.jp/
by skyalley | 2012-03-02 23:46 |
 おめざめケーキ


 もみのきみたい!

 氷の形を5歳の孫息子が

 観て言った

 早朝に

 おめざめケーキは

 いかが?

f0085284_8551020.jpg
f0085284_8545785.jpg
f0085284_8544158.jpg



 明日は立春

 一年が

 中吉で

 ありますように
by skyalley | 2012-02-03 08:56 |
脳の中の木

f0085284_2029382.jpg



脳のすみずみにまで栄養を運んでいる血管

ナショナル・ジオグラフィック日本版
1995年6月号
「脳の不思議」より
by skyalley | 2011-11-09 20:36 |
うつくしいものを ただうつくしいと


f0085284_695674.jpg



デザイン
シャルロット・ペリアン 

1903年 フランスパリに生まれる。幼い頃から装飾に興味を持つ
1920年 パリの美術学校に入学。
1927年 ル・コルビュジェに才能を認められる
ピエール・ジャンヌレと三人で 
建築物と家具との住環境の調和をテーマに10年間近く仕事を共にする
1937年 独立
1940年 コルビュジェのアトリエで一緒だった坂倉準三の誘いで
商工省輸出工芸指導顧問として来日
このとき竹材に出会う
1942年 戦況の悪化で一度はフランス領、現ベトナムに脱出
1946年 再びフランスに戻りコルビュジェと仕事
1955年 有名なペリアンチェアーを東京で造る


原発の被害から逃れられない日々
被災地のひとびとは如何に?


美しいものを ただ美しいと思いたい
by skyalley | 2011-10-22 06:14 |
今朝 窓辺で


思わず声をあげた


昨年11月頃 散歩をしていて
公園で一本の枝を拾った
茶の葉が二枚付いたまま そしてその元は芽の姿
はて この芽が古い葉を押し出すところだろうか


残りの芽はうっすら黄緑色をしている
折られた枝の中もいくらか湿気を残している
生きている
来年の春まで見守ろう そう思って持って帰ってきた


今朝 勉強にやってくる子供たちを待ちながら
天気を見ようと窓辺に寄ったら
 おっ ふくらんでいる
 薄緑の芽が ふくらんでいる!


3ヶ月以上 教室でいっしょに暮らしてきた
花瓶にいっぱい張っておいた水は
いつも飼い猫に飲まれていた
ぴちゃぴちゃぴちゃ


f0085284_10125758.jpg



昨日に引き続き また雪が降り出した


f0085284_10135545.jpg





 
by skyalley | 2011-02-12 10:15 |
一本の木に


f0085284_17182025.jpg



砧公園の西のはずれに
一本の欅がある
一本といえるのかどうか
十二の幹が一群れになって暮らしている


その木の中心部を覗いてみた
若木を中心にして
幹が寄り合い
落ち葉を重ねている


f0085284_1719694.jpg



全体像を見ようと
少し離れた根方に座る
アキラカを意味する古語の「けやけし」から命名されたと聞く
どこから見ても 明らかな欅


どこからか男の人が木に寄せられてきた
木の廻りを遠巻きに見て
それから近づき 触れ
そして何度か立ち位置を変えて 写真に収めていた


私もあんな風であったか と
空の路地を通って
家路についた
今年も残すところ あと五日という現実へ


f0085284_1721369.jpg

by skyalley | 2010-12-26 17:24 |
やすらい 
10月から3ヶ月続けての徳談会を終え
今年のすべての会を終えた日曜日の夜
安堵しながらも疲れているはずが なぜだか眠れない
結局明け方まで起きてしまった


日々の受業や徳談会の準備などで二日さぼってしまった散歩
月曜日 雨の中を砧公園に向けてでかけた
公園入口で年配の男性達がたむろしている場所にも
自転車置き場にも だれもなにも見あたらなかった


f0085284_2252348.jpg



落ち葉の重なるふかふかの外周をゆっくり歩いた
道中二人に出会った
一人は銀杏拾いの男性
そしてその先で もう一人 銀杏拾いに精を出している男性


それ以外には まったく人気のない公園
木肌が美しい
木立が美しい
木の間が美しい


f0085284_22542234.jpg
f0085284_22535744.jpg

f0085284_22591272.jpg



この公園は まったく
やすらい
平日の昼日中 雨とはいえ
思い立ったときに散歩に出られることを感謝して家路についた


f0085284_22525399.jpg

by skyalley | 2010-12-14 22:55 |
からす や いぬ(木の名)

先日早朝 近所の砧公園で木の実を拾った
何ともいえぬ懐かしいような
嗅ぐたびに首を傾げさせる香りがした
そのまま机の上に置いて休んだら
薄い薔薇色に灰色がかったような皮から
つやつやした漆黒の実が姿を現していたので驚いた


f0085284_10585652.jpg



また何度も鼻を近づけ 記憶を辿ったが
やはり知っているような それでいて新しいような香りだった
公園でその枝を拾った場所から考えて
もしかするとカラスザンショウではないかと
当たりを付けて植物図鑑を開くと
果たして予想通り ミカン科のカラスザンショウだった


あの独特の香り サンショウ(山椒)ど同類
山椒は実も葉も 擂り粉木として幹も 人間に役に立つが
この小さい実は食べても ただこりこりつぶつぶするだけで
何の味もしないため カラス と命名されている
カラスザンショウより背が低いのは
同じく食用にはならない 「犬ザンショウ」とあった


私は教室の机にカラスザンショウを置き
勉強にこられたお弟子さんみんなに 香りを試してもらう
孫息子も興味津々で 鼻をくんくん
お風呂上がりに素っ裸のまま
その香りを嗅ぎにやってきた
くんくん


私が一番好きな香りは今頃の枇杷の花
枇杷の実の時期には
その濃い葉の色と実の色が対照的だが
花と来たら 遠目にはふわふわしたごみのようにしか見えない
枇杷の木はバラ科で ビワ族に枇杷一種類
幸い 「からす」や「いぬ」などと彼らに失礼な名の木はないようだ


世界は 近づかなければわからないが
恍惚とさせる香りに溢れている


f0085284_1105093.jpg

by skyalley | 2010-11-13 11:01 |
木の机でぬりえ


f0085284_9593258.jpg


4歳半になる孫息子の颯太
最近は あれほど夢中になっていたウルトラマンから 
変身術の充実したポケモンやBEN10(ベンテン)にご執心だ


気圧に左右されやすい気管を持っている颯太は
このところの季節の変わり目で
咳喘息を起こしている
先日もあまりに咳き込んでいるので
家での吸入では間に合わず
とうとう国立小児病院に駆けつけることになった


タクシーで行く と決めた母親のももに
颯太は「きもちがわるくなるから やだ〜」と咳き込みながら訴えていた
祖父である私のオットは落ち着いていられない


BEN10は
10歳の少年ベン・テニスンが主人公のアニメーションだ
隕石の中から10種類のエイリアンヒーローに変身できる
「オムニトリックス」を手に入れたベンは
宇宙から襲い来る侵略者と戦う
オットはその変身ダイアルを買ってやることを思いついた


ももに内緒で 
「変身ダイアルを買ってあげるから
がんばってタクシーに乗って病院に行っておいで と送り出した
保育園から帰ってくるたびに訊いてきた
「こっくん(祖父)におにもつ とどいた? ま〜だ〜?
 おかち〜な〜 
 こっくんと おとことおとこのやくちょく したんだけどな〜」

f0085284_1002370.jpg


ようやく届いたオムニトリックスに颯太はご満悦だ
またプラスティック製品が増えたわけだ
私は オットのベッドサイドで使っていた机を持ってきた
去年の颯太の誕生日に買ってやった木の机だ
両脚を入れるとちょうど という大きさの自分用の机で
嬉しそうにピカチューのぬりえに励んでいる

ぬりえに木目が付くようになった

f0085284_101057.jpg

by skyalley | 2010-10-20 10:05 |