触ることからはじめよう
by skyalley
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:孫息子・颯太言葉ノォト( 65 )
「こころがいっぱいだね」
f0085284_1014481.jpg



五歳の孫息子・颯太と
クリスマスのもみの木用飾りを作りました


お隣の海人君がくれた紙粘土を
クッキーの型でハートの形に抜いて
乾かしてから 金と銀の絵の具で彩色


粘土をこねながら
色を塗りながら
颯太の思いはあちこちに飛びます


「ね ね ほうしゃのぉがなくなるほうほう
 そうちゃんがかんがえてあげるね」

「はーとってこころのかたちでしょ
 いっぱいはーとがあるとやさしいね」


さまざまな宿題を抱えたまま
一年が終わろうとしています


f0085284_10143139.jpg

by skyalley | 2011-12-26 10:16 | 孫息子・颯太言葉ノォト
「かんがえようっていっても」


11月11日 孫息子・颯太の七五三を祝った

着付けに来られた二人のご婦人の真剣な様子に
ついふざけたくなる颯太

f0085284_1526693.jpg

f0085284_15262931.jpg


こっくん(祖父)やももちゃん(母親)に見守られて
無事 馬子にも衣装

f0085284_15271119.jpg

f0085284_15284180.jpg

f0085284_15292235.jpg


彼が生まれてから 私は彼に「考えること」
「言葉で表現すること」を
いつも伝えようとしてきた
3歳からの親子日本語教室でも
「考え 言葉で表現する習慣」を主眼においている


先日こんな言葉があることを知った

Watch your thoughts, for they become words.

Watch your words, for they become actions.

Watch your actions, for they become habits.

Watch your habits, for they become character.

Watch your character, for it becomes your destiny.”


あなたの考えに気をつけなさい それが言葉になるのだから
あなたの言葉に気をつけなさい それが行動になるのだから
あなたの行動に気をつけなさい それが習慣になるのだから
あなたの習慣に気をつけなさい それが性格になるのだから
あなたの性格に気をつけなさい それが運命になるのだから


原文は
サンスクリットで書かれた一連の書物
ウパニシャッド(梵: उपनिषद्)で
仏教以前から存在したものから成立時期はまちまち
この章は作者不明だという
マザー・テレサも講演時に引用した章句だそうだ

この世に何のために生まれてきたか 
「運命」に至るまでには
まず思考
それが言葉になり
行いになり
習慣になり
性格になり という段階を経るという
この実践に私はとても納得が行き
孫息子に伝えてきたことと重ね合わせた


昨日 5歳の颯太が夕飯の時に言った
「ほいくえんでね
 なにかこまったことがおきたときにね
 みんなに なんでこうなったかかんがえよう っていってもね
 みんななぁんにもかんがえないで
 すぐにいなくなっちゃうんだよ」

考えよ 颯太! 
どうしたら伝わるか考え 
伝える努力をしてみよう!

f0085284_15294763.jpg


何本もの紐で縛る羽織袴から解放されてはしゃぎ回る
by skyalley | 2011-11-16 15:34 | 孫息子・颯太言葉ノォト
「うれしあくび だよ」


アイスクリームの店 BASKIN ROBBINS
通称「サーティワン」で毎月一日にアイスクリームを買うと
特製の暦をもらえる
このところ その日に孫息子の颯太を保育園に昼には迎えに行き
いっしょに「サーティワン」にでかけるのを楽しみにしている

f0085284_2102828.jpg


今月の一日も午前中の仕事を済ませてから
保育園に迎えに行くと 先生が出てこられ
「サーティワンでアイスクリームを食べるんでしょう
 颯太君 みんなに話していましたよ」と告げた
颯太は部屋の奥から走って飛び出してきた


午前中近所の公園で 颯太も鬼ごっこに興じたが 
他の子どもたちはすでに午睡中とのこと
静かに保育園を後にした
自転車の後ろに乗ると颯太はすぐに
午後をいっしょにどう過ごすかを確かめようとした


「さいしょにサーティワンにいって
 それからどうすんの? きぬたこうえん?
 そうちゃん すみれば(自然観察園)がいいな
 そのあと としょかん? さきにとしょかん いこっ?」
ごきげんで話しかけてくる


・・・と 急に静かになった
それから ふぁ〜〜〜ん
ん? 欠伸?!
「颯太 眠いの?」
「うぅん うれしあくび
 だってアイスクリームたべて こうえんいって
 それからとしょかんで ほんかりるんでしょ
 このまえ おもぉ〜くてかりれなかったほん
 きょうはかりようね ちきゅうどうぶつずかん
 うれしいなぁっておもってあくびがでたんだよ」

f0085284_292777.jpg

 
by skyalley | 2011-11-07 02:16 | 孫息子・颯太言葉ノォト
負うた子に教えられた


ガス代の支払い期限がその日だと気づいたのは
そろそろ夕方5時になるところだった
早く支払わないとガスが止まってしまうぅ!
孫息子の颯太を自転車に乗せて
コンビニに急いだ


「イソガバマワレ・・・ イソガバマワレ・・・」
颯太を乗せていることもあり
胸の内でそう呟きながらも
私は全速力に近くペダルを踏んだ
・・・と 路地から自転車が飛び込んできた


あわや! というところで
双方で事故をかわせた
「あのお兄さん 停まって欲しかったなぁ」
なおも自転車を漕ぎながら私が言うと
後ろに乗っていた颯太が応えた


「あぶなかったね
 でも よかったね
 ぶつからなくて
 ぶつかったら きゅうきゅうしゃでしょ
 にゅういんしなくちゃならないし
 そしたら ガスのおかねは はらえないし
 さっきかったサンマもたべられなかったし
 よかったね
 ぶつからなくて」


脇から飛び出してきた自転車を避けるために
一瞬 凄い角度でハンドルを切ったのだから
後ろに座っていて さぞ怖かっただろうに
起きたことに文句を言うのではなく
彼は よき方をすでに観て
自分自身を そして私をも慰めてくれた


負うた子に教えられた


f0085284_1044103.jpg



 
by skyalley | 2011-10-12 10:46 | 孫息子・颯太言葉ノォト
もっとむずかしいこと


5歳半になった孫息子の颯太
保育園で友だちともよく遊ぶようになったせいか
夜は3分ほどで寝入る と母親のももが言う
朝は起こされて居間に連れて来られても
しばらくは目覚めない


f0085284_11255434.jpg



今朝もそんな風だったが
登園の支度をし朝食を待っている間に
私の机の前に来て言った
「こっくん(颯太の祖父)は?」
「(鍼灸指圧の)学校 行ったよ」
「ふぅん はやいね」
「うん テストだからね がんばってるんだよ」
「テストって クイズ?」
「もう少し難しいかな」
「ふぅん。。。。」


それから間を置いて こう言った
「おかねはどうつかいますか とか?」


「そ〜た〜 ごは〜ん!」
「は〜〜〜い!」
ももに呼ばれて行ってしまった
放射能時代に生きることになってしまった孫息子
しかし
彼を前に「未来に望みはないのよ」とは
言えない
by skyalley | 2011-10-06 11:28 | 孫息子・颯太言葉ノォト
「あきのにおいが。。。」
9月19日明治公園における
「さようなら原発 5万人集会」に参加する朝
かなりの暑さが予想されていたので 
5歳半の孫息子・颯太を連れて
お向かいの酒屋さんに飲み物を買いに行くことになった


靴をはき 玄関の扉を開けた颯太が
振り向きもせずに言った
「かっくん あきのにおいがするね」
あまりに清々しい言い方だったので
俄に応えられずにいると
「ね するでしょ あきのにおい」


彼は彼なりに秋を感じ
そして即座に発語した
私には 彼にとっての秋のにおいが何だったのか
わかりかねたし 尋ねもしなかったが
道を渡るときに取った彼の手は小さいながら頼もしく
こちらが手を取ってもらっているような
そんな気さえした

f0085284_154489.jpg


f0085284_1544343.jpg


正午から夕方5時まで 脱原発集会に参加した翌日
保育園に行くために 母親に抱かれて
朝 起こされはしたものの
しばらくは まったく目を醒まさなかった
by skyalley | 2011-09-30 15:52 | 孫息子・颯太言葉ノォト
5歳の誕生日



私たち夫婦の次女・ももの息子である颯太が
4月27日 5歳の誕生日を迎えた


3月の震災の後 テレビのニュース番組で彼と観た一つの光景
あらゆうるものを壊滅しつつ押し寄せてきている津波
それを横目で見ながら
元は田畑であった土地の間に伸びている道を疾走していた車
上空から撮影された映像を観つつ
運転手の気持ちを 彼は盛んに私に尋ねた
以来折々 運転をしていた方達の行く末を口にする
 
 だいじょうぶだったかなぁ 
 おうちにかえれたかなぁ


彼が4歳の最後に経験した地震の恐怖や
テレビで観たあの惨状
あの天災の恐ろしさを 
その後の原発事故という人災の愚かさを受けて
今後 日本をどう新生するのか
私は その土台を造っていかなければならない


  そうちゃんもおじいさんになったら
  あたま しろくなる? 
  かっくん(祖母である私)みたいに?


白髪になるかもしれない ならないかもしれない
が あの震災を機に 日本は変わっていった
日本はそれ以前より ずっとよくなった
そう共に実感できるように彼と力を合わせていきたいと 
今まで以上に願った誕生日だった


那須に一人暮らす私の妹は
被災者の今年の冬を思って
友人と協力して50足の靴下を編み続けている
それでも落ち着かず 避難所となった近所の小学校に
支援物資の仕分けのボランティアに出かけていった


彼女からは 彼女の未来でもある颯太に
さまざまな思いの託されたケーキが
誕生日の朝に届けられた
干し葡萄で「5」の字が並んだ林檎のケーキ
颯太は蝋燭を何度も付けては吹き消していた


f0085284_185150.jpg



颯太
2歳の夏に高熱からひきつけ 意識不明に陥って
検査のために一週間の入院を余儀なくされた
全国から救いを求めてやってきていた難病の子供たち
病室から出ることを禁じられ過ごしていた彼らのことも
常に心に 生長して欲しい


f0085284_173948.jpgf0085284_1843.jpg
by skyalley | 2011-05-03 01:12 | 孫息子・颯太言葉ノォト
「進化したよ!」


那須に一人で暮らす妹に
あれこれと送る物があったので
孫息子・颯太に手紙を添えてもらうことにした


颯太は文面の書き出しを
「じしん(地震)だいじょうぶ?(でいいの)」と自信なげに訊いて
鉛筆を持った


娘が「颯太 たのしいこと 書いてあげよう」と促すと
ころっと声を変えて
「そうちゃんはげんきさんからはりきりさんにしんかします!」と言った


この春 彼は保育園の年少の「元気組」から
年中の「はりきり組」になるのだ
それを「進化する」と言いのけた


テレビのニュース番組で 
「朝市が明日から再開します 明日からがんばります」
という被災地からの報告の一言を小耳に挟むと
「ちがうでしょ きょうからがんばるんでしょ ねぇ」
アニメ・キャラクターを鋏で切り抜きながら
顔も上げずに そうテレビに言い返した


f0085284_152228.jpg



去っていった友達や先生
新しく加わった友達や先生方との「はりきりさん」初日
珍しく緊張の面持ちで帰ってきたが すぐに
4月末の5歳の誕生日を楽しみに
暦の今日の日付の上に「おしまい」の意味の×印を付けていた
あの椅子にようやくつかまり立ちをしていた子だったのに


f0085284_154212.jpg



新たな一年
新学期の月
私も進化しなければなるまい
あの震災以来 
多くを感じ多くを考えてきた
それを日々に 未来に活かすべく
by skyalley | 2011-04-02 01:12 | 孫息子・颯太言葉ノォト
死ぬ 生きる


まだ余震の続いていた朝
食事を終えた颯太がふいに私に訊いた

 ね ね そうちゃんがおじいさんになったら
 かっくんは もうしんでる?

   そうだね しんでるね

そのやりとりを出かける支度に勤しんでいた娘が小耳に挟み

 かあさん やめてよ そういう話
 そういうのって けっこう怖いんだからぁ

そう言うと 早々に食堂を出て行った

私はあらためて颯太の隣に座って
そこにあった薬の袋の裏に言葉を書きながら
颯太に問うた

    颯太 生きてるってことは?
  死ぬこともあるってこと?
    うん そう 生きているものはみんな死ぬんだ
    じゃ かっくんは目に見えてる?
  うん 見えてる
    じゃ みぃちこちゃん(私の妹)は見えてる?
  みえない
    でも 声は聞こえる?
  うん きこえる そうたぁ そうたぁ っていってる
    みぃちこちゃんのかおは見える?
  みえない でも そうちゃんのこころにいるよ
    そうだね みぃちこちゃんは颯太の心にいつもいるね
    だって 「たいせつなものは?」
  「めにみえないんだ」
    そうだね 死んだら目には見えなくなるんだよ
    でもこころにはちゃんといるの
    いつでもいるの
    かっくんのお父さんとお母さんはもう死んじゃったの
    でも いつもかっくんの心の中にいる
    死んじゃったけど かっくんの心の中に生きているの
    わかる?
  わかった じゃ さ

何を言い出すのかと思ったら
私が持っていたペンを取って
「さ」と「き」字を書いた 
そして 「さ」の一画目を指しながら

 いっぽんせんがあるってことは
 にほんせんもあるってことだね

と「き」の一画目を指さした


f0085284_18275131.jpg



 
by skyalley | 2011-03-18 18:30 | 孫息子・颯太言葉ノォト
「ピラミッドぉ できたよぉ!」

コンピューターの小さな画面に向かって
あれこれを片付けようとしたとき
積み木で遊んでいた孫息子の颯太が 居間から私を呼んだ

 かっくぅん
 ねぇ ねぇ ピラミッドつくろうよぉ
   ピラミッドかぁ いいねぇ
   でも今 ちょっとお仕事しなくちゃならないから
   それが終わったら いっしょに作ろうか
   すぐ終わるよぉ

私は書棚から『ピラミッド』(岩波書店 D.マコーレイ)を取り出し
颯太に見せる

f0085284_17352642.jpg


 かっくぅん ピラミッドって なあに
    エジプトっていう国の 昔の王様のお墓
 ふぅん・・・ さきに作ってるねぇ

私は仕事に戻る

 かっくぅん できなぁい これむずかしよぉ


すでに颯太は土台を正方形に作っている
しかし使おうとしている積み木は細長くて薄いので
なかなか扱いにくそうだ
好きなようにやってごらん と促すと
ぶつぶつ言っていたが そのうちに静かになったので
私も作業に集中した


しばらくすると 

 かっくぅん できたよぉ!


こちらも一段落したので 居間に行ってみた

できていた

破壊され 地図から消えそうになっている土地がある
破壊され 消え入りそうになっているたましいもある
それが目に見える形で突きつけられている その時に
颯太が「建設」したピラミッドだ


f0085284_17344430.jpg

by skyalley | 2011-03-18 17:37 | 孫息子・颯太言葉ノォト