触ることからはじめよう
by skyalley
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:ひと( 92 )
特別のアドベント・カレンダー


f0085284_2136097.jpg



2006年 初孫が生まれた年の暮れ
家で開いた忘年会に
友人の涼子さんは大きな箱を持って現れました
それはクリスマスまでの何日かの間
楽しみに包みを開けていくアドベント・カレンダーでした


アドベントadventとは
到来・接近・出現を意味するドイツ語だそうです
イエス・キリストの誕生日を 待ち望む間
子どもたちが日付の書かれた小さな扉を開けると
中に小さなお菓子やおもちゃが入っている
という暦を町でもよく見かけるようになりました


しかし
涼子さんのそれはとても変わっていました
忘年会の6日から25日まで
さまざまな書体で印字された番号が付いた包みが
さまざまな色・形に包まれて
長い長い紐から下がるようになっているのです


私たちは感激しました
が まだ生後半年の孫息子に
これらを触らせるのは残念でなりませんでした
娘に相談し クリスマスまで
それらの包みを一個ずつ開ける楽しみを味わえるようになるまで
しまっておくことに決めました



あれから5年
今年 そのアドベントのお楽しみを出してきました
孫息子は毎朝 起きてくると
「きょうは なんにち? 
 あれ あけて 13てかいてあるの!」
部屋の高い所から下がっている飾りを指さしてせがみます
家族みんなで 彼が開けるのを楽しみに見守ります


f0085284_21314846.jpg

f0085284_21333431.jpg
f0085284_21341083.jpg




























涼子さんにそのことを話すと
「何を包んだかは忘れてしまったけれど
 包んでいる間 とても愉しかったことだけは
 よく憶えています」と
本作りを学ぶのためにドイツに留学した彼女ならではの
愛情とお楽しみがたっぷりと盛り込まれた
世界にひとつだけの特別のアドベント・カレンダーです
by skyalley | 2011-12-18 21:53 | ひと
町内の魚屋さん


保育園に孫息子の颯太を迎えに行った帰り
「きょう おじいさんとこの おさかな たべたいな」
と自転車の後ろに座っていた颯太が言いました
一旦帰ってから 
フランス語の自習をしておられた千秋さんを誘って
近所の魚屋さんにみんなででかけました


もともとその小路には小さいながらも銭湯があり
湯帰りに買っていってくれるお客さんが多かったとか
銭湯がなくなってからは
個人商店だった八百屋さん 肉屋さん
つい最近もお豆腐屋さん と次々に店じまいを余儀なくされました
そんな中 老夫婦でがんばっているのがその魚屋さんです


旬の魚 料理の仕方を教えてくれ
颯太に「ほぉら」と声をかけてから
手際よくさばいて 下拵えをしてくれます
その魚屋さんを知ってから
颯太を抱き上げて 店主のてさばきを見せながら
買い物をするのが楽しみになっています


夕飯の支度を終えてから
千秋さんと勉強の残りを終え
待ち構えていた颯太と空腹を忍んで遊んでくれた彼女に
その日に買ってきたカマス(魳)を一尾持って帰ってもらいました
次の受業を終えた頃 千秋さんから
写真が添付されたメールが届きました
題して「いただかれます」

f0085284_10134253.jpg


初めてのカマスに舌鼓を打った颯太が
「カマスって おくちが キスみたいだね」
と言いながら教室に入ってきて
「か〜ます まかすぅ ま〜かす すまかぁ」と
替え歌に興じながら 出て行きました
by skyalley | 2011-11-03 10:15 | ひと
一針一針(二)


知り合いの方が
「あなたのお教室ではクッションを使いますか」と
尋ねられた
幼児教育に長年尽くしてこられた先生
そして 孫息子の人生最初の恩師だ
戸惑いながら「はい」と応えると
「いつか姉が作ったクッションをお持ちします」
戸惑いながらお礼だけを述べた


数日後 先生が珍しく夜に電話を掛けてこられた
「明日の朝9時5分に千歳船橋の改札においでになれますか
 私は12分の電車に乗って そのまま仕事に行きますので
 ゆっくりお話はできませんが
 先日お話ししたクッションを持っていきたいと思います
 朝早くて済みませんが 来て頂けますか」
「はいっ 喜んで!」
私は心待ちにして休んだ


大きな袋を持って 
先生がプラットフォームからの階段を下りてこられる
大好きな満面のやわらかな笑み
亡くなったお母様の着物からお姉様が作られたというクッション
わざわざ一時停車をしてお届け下さったのに
とても恐縮されて
「本当にご無理ではないですか」と念を押された
次の電車に急ぐ先生を見送り 
しっかり包まれた袋を持って急ぎ家に帰った



すぐに開封する
現れたのは得も言われぬ淡い鼈甲色の縞柄絹
どこもかしこも手縫いでまつられ 仕上げられている
自分がいつも座る机の脇に四枚の小さな座布団を重ねた
仕事の手を休めたときに
ふ とそちらへ目をやると
一針一針の起伏に慰められる
ちく ちく ちく・・・
痛そうだけれど 温かな擬音
ちく ちく ちく・・・


f0085284_0304529.jpg

by skyalley | 2011-11-01 00:32 | ひと
一針一針

書の稽古に来られた満枝さんが
「ちょっと これを先に」
と大きな鞄からそぉっと出されたのが
手縫いの布の数々

f0085284_10154657.jpg



女性社員がフランス土産で下さった一枚の布
真ん中に置いた絵柄の端切れを囲んで
パッチワークを施し 裏を付けた温かな品
その愛らしさに惹かれ 手が動いた と


f0085284_1013242.jpg



長年のあいだに手元に集まっていた大きな麻のテーブルクロス
海外の家族に愛されてきた布をようやく活用する機会に恵まれ
躊躇することなく鋏を入れ
あれこれと柄合わせを愉しんだ


f0085284_10143591.jpg
f0085284_1013916.jpg
f0085284_10125640.jpg



ご主人との会社で日々責任ある職をこなし
たくさんの社員の健康を気遣い
お一人で何役もの仕事をこなす毎日
それでいていつも静かなたたずまいの満枝さん


一心に一針一針を刺し続ける後ろ姿が目に浮かんだ


f0085284_10124261.jpg

by skyalley | 2011-10-31 10:35 | ひと
露伴「心くらむことがあったら」

『季節のかたみ』幸田文
「こわれた時計」より
 父露伴から娘文へ



困じごとにからまれて
心くらむことがあったら
目を閉じて 
たとえば貝の産む真珠
たとえば空とぶ鳥などへ
思いを凝らせてみてはどうかと
すすめたい


真珠はまどかで柔らかく光る境地へ
鳥は軽くて自由な境地へ
いざなってくれる
といっても
光も自由も
もとより胸中に見るだけのもの
それが現実の苦を消すはずはないが
心の塞ぎを救って
気息を整えるのに役立つだろう



いまは寒明けの寒さは底
伊豆の湯でも出してやりたいが
店の事情の手前そうはさせられず
せめて気の持ちようだけでも
らくにできたらとおもいやる



心の凍てつくとき
目を閉じて 
身の伊豆のいで湯の中と思ってごらん
湯を思えば
湯はきっと答える
by skyalley | 2011-09-22 12:00 | ひと
「そりゃぁ よくなりますよ」


お向かいの酒屋さん

ここへ越した日に
オットが運送屋さんのために飲み物を用意しようと
通りに出てみると 何と家の向かいに酒屋さん!
買い物ついでにオットが挨拶をすると
酒屋さんのおかみさん すぐに
「じゃ まだコップやなんか 出してないでしょ
 よかったら これ持ってってください
 うちじゃ使わないから 遠慮しないで」
と景品のコップをいくつも持たせてくださった


帰るなりオット 
「お向かいの酒屋のおばさん いいひとだったよ!」
幸先の良さをよろこんだものだ
あれから早11年が経っている


先日 酒屋さんに買い物に行くと
おやじさんが出てこられた
おかみさんが 亡くなったお舅さんのことを
とてもよく言っておられたので
「よいお父様だったそうですね」と言うと
「はい 70過ぎてからは ありがとうしかいいませんでした
 毎日 ほとけさまをみているようでしたよ」
我が家の孫息子のことを いい子だと褒めてくださったので
「それにしても 孫たちの時代には
 世の中はどうなっているんでしょう」と問うと
「そりゃぁ よくなっていますとも
 だって みんなよくしようとしているんですもの
 そりゃぁよくなりますよ」


そうはいってもぉ。。。 と言う必要がない
確固たるものがそのことばにあった


「ありがたい と思って暮らさなきゃだめですよ
 これくらいでいい これくらいで十分てね
 私の親戚なんかでも あれがない これがないって
 ぶつぶつ文句ばっかり言ってた者は 早く死にましたよ
 やっぱり文句言っちゃいけません
 ありがたい ありがたい って思わなくちゃ
 実際 ありがたいんですから」


酒屋さんのご夫婦
おやじさん78
おかみさん73
台所の窓から見えるお向かいの店の帳場では
今も近所の人が おやじさんを相手に立ち話をしている
by skyalley | 2011-09-03 15:20 | ひと
五歳の男気



箱根のホテルの窓から夕焼けを観ていた
窓の下にはバレーボールのコートが張ってある


そこへ二人の子どもが現れた
一人は幼稚園生くらいの男の子
もう一人はやっと歩き始めた女の子


二人は手を繋ぎながら
芝生を歩いてコートのネット下までやってきた
男の子がジャンプするとネットに手の先が触れた


女の子が両手を挙げて「わたしも」という仕草をした
男の子が彼女を抱いて持ち上げたが
持ち上げるのが精一杯で ネットに指は届かない


泣き出した女の子に男の子が言った
「ごめんな にいちゃんにちからがなくて
 もっとおおきくなったら
 ぜったい さわれるようにしてやる
 な ごめんな ごめんな・・・」


泣いている妹を邪険にするどころか
妹の切なさを わがことのように引き受けて
必死に慰めようとしていた彼のことを
私は今も忘れない


もう30年も前のこと
by skyalley | 2011-08-19 16:40 | ひと
I LIKE TODAY 清野さん




先日 tee-shirt-manの清野章宏さんに
http://iliketoday.shop-pro.jp/
田坂広志氏の「東日本大震災 いま、あなたに何ができるのか」を
送ってみた
http://www.youtube.com/watch?v=UO9wZZSJd0w

田坂氏は原子力工学博士 
4月27日付で内閣官房参与(内閣の相談役)の職に就いた
http://www.hiroshitasaka.jp/profile/index.html

ややあって清野さんからメールの返事が届いた
彼のご了解を得て転載させていただく

     ::::::::::::



こんばんは。
ご紹介頂いたサイトを拝見しました。

またしても哲学ですね!ありがとうございます。
考えると言うことは、きっと死ぬまで続くのでしょうね!?

このサイトを拝見して、最初に頭に浮かんで来た言葉が、
パスカルの「人間は考える葦である」でした。
単純ですよね!
これって小学生の時に既に習う、
偉人の言葉ですからッ。(笑)

アホなガキだった僕は、
その意味なんて全く理解していなかったし、
というか興味すら持たなかったのですが、
何故か今日はその意味が知りたくなって、
調べてみたらこんなことが書いてありました。




  『葦は少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、
  風が去ると、また元のように立ち上がる。
  人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、
  それに従順に従い、
  そして暴威をくぐり抜けて、
  また元のように、みずからの姿で立ち上がる。
  自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、
  柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。
  そして何よりも、「考えることができる」
  すなわち「精神を持つ」ことで、
  ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、
  遙かに賢明で、優れた存在である。
  人間とは、運命に従順であるが、
  しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、
  運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ。




この言葉はいまの日本人に向けて発せられている様な気がして、
人間は今一度人間の力を信じて、
勇気を持って強く生きなきゃなぁと思いました。

実は今日僕は、出来るかどうかははっきり言って解らないのですが、
それでもいま僕がやらなきゃいけないことを見つけたんですよ!!

I LIKE TODAY です。
おやすみなさい。


   :::::::::::



「思い」という情緒を
「言葉」という論理に置き換えられる
清野さんはその数少ない人だと私は思う
彼の言葉を読んでいると 彼が立ち現れる


今 清野さんのTシャツと
私の象形文字の書とを組み合わせて
赤さん用のロンバースのデザインを始めようとしている
彼のブランド名 I LIKE TODAY と
私の WATCH + TOUCH
1 + 1 がどんな +アルファになるのか
とても楽しみにしている 


 
f0085284_1301089.jpg

        打ち合わせの席で 静かに熱く語る清野さん
by skyalley | 2011-05-24 13:05 | ひと
「ちびくろさんぼ」くん 誕生!


f0085284_15301848.jpg



4月7日午前2時45分
友人のセネガル人夫妻に
3364グラムの元気な男の子が誕生した
お二人とは二年前に留学生会館の日本語教室で知り合ってからのおつきあい


病院探しから始まって
妊婦検診 母親学級にもずっと付き添わせてもらい
おかげさまで私は出産に関するフランス語をたくさん憶えた
イスラムの伝統の一部を垣間見せてもらったことも忘れがたい


母国のセネガルでは 出産に立ち会うのは女のみ
ご主人は陣痛が始まってからも 躊躇する顔色
しかし痛みに耐え続ける奥さんの様子を見るに忍びなく
そのままいっしょに分娩室へ


奥さんの骨盤をマッサージする私に
身を捩って救いの手を求める奥さんを介抱しつづけるご主人が
まことにおごそかな面持ちで
こんなことを話し出した


コーランの中に こんな一節がある
一人の男が預言者に訊いた
もし一人を助けるとしたら 誰を助けたらいいのですか
すると預言者は応えた
「あなたの母親を助けなさい」
もし次ぎに助けるとしたら 誰を助けたらいいのですか
「あなたの母親を助けなさい」
次ぎに助けるとしたら 誰を助けたらいいのですか
「あなたの母親を助けなさい」
その次ぎに助けるとしたら 誰を助けたらいいのですか
「あなたの父親を助けなさい」

そしてそこまでなんだ 後はない
僕の母親は僕を入れて7人の子を産んだ
今まで呪文のように唱えてきた一節だけど
今 妻を見ていて
コーランの意味するところが初めてわかった



元気な産声を上げて この世に生まれ出た赤さんに初めて授乳をする前
ご主人が「小さなコップと きれいな水が欲しいんだけど」と所望
助産婦さんにお願いすると 彼女は訝しがりもせず
すぐに煮沸した水を用意して下さった


それを受け取ったご主人は
そのコップを手にすると 口を寄せて何かをしきりに呟いている 
それから助産婦さんに助けてもらって その水で赤さんの口を湿らせる
残った水で奥さんの乳房を清め 赤さんは初めて母乳を口に含んだ


f0085284_152469.jpg



私は目の前で静かに進んでいることを 黙って見守っていた
病室に戻った奥さんと赤さんが眠った頃
私はご主人にさきほどの水のことを尋ねた
彼はコーランの数節を水に語っていたのだという


清く健やかに というような内容だから特別な意味はないけれど
どの節を語るのかは決まっていて
ずっとそのように伝えられて来たんだと言う
イスラム教徒の父親としての最初の役割を果たした思いが伺われた


f0085284_15252770.jpg



赤さんの心音は安定しているが
陣痛の間隔が狭くなる
これは赤さんに励まされながら闘ったお母さんの記録だ
私はお産が終わって静かになった分娩室で写真を撮った


煙草を吸ってくるね とご主人に言うと
 えっ 吸うんだっけ?! 
 そう 特別なときだけにね
私の応えに大きな笑顔で じゃ いいよ と言ってくれた


一足先に帰宅しようと外へ出る
病室から見えたケヤキの芽吹き
入院前に道中の公園で見た満開の桜をあらためて見上げながら
セネガル人のお二人と出会えたことを深く感謝した


f0085284_1531353.jpg



孫を持つ身として
遥か彼方で無事出産の知らせを待っているご両親方を思いつつ
夜明けの町を駅に向かった
縁とは異なもの 味なもの だ
by skyalley | 2011-04-09 15:44 | ひと
助産院アクア・バースハウスの山村先生
0さんはご主人の留学に付き添うため
2年前に来日 以来いっしょに日本語の勉強をしてきた
その彼女は この震災時に
4月5日の出産予定日を控えている


その日の午前中 
彼女は助産院アクア・バースハウスでの検診を終え
昼食後 勉強のため私の家に来られた
同じ頃 やはり勉強に来られた文さんも交え
話をし始めたら あの地震が起こったのだ


航空会社の客室乗務員を務めている文さんのてきぱきとした声
0さんはすぐに勉強机の下に身を隠した
ようやく揺れが一段落したので
0さんに出てくるように伝えたが
あまりのおなかの大きさに はてさてどうやって出たものか


入るときは必死だったのだろう
体を横にしたり くねらせたりして ようやく出てこられたが
遠目で分かるほど体を震わせている
故郷アフリカのセネガルでは経験したことのない地震
来日してからの何度かの地震には比べものにならない


幸い同じ町に暮らしている文さんに同行してもらって
何とか住まいにしている留学生会館に帰っていった
それから待つこと数日 学術会議からようやく帰国したご主人の胸には
ヨーロッパで得られたわずかな情報
日本からの信じられない そして断片的な映像


ご夫妻は生まれてくる赤さんへの放射能の影響を考え
不安でいっぱいだ
明日の産婦人科への定期診察もできれば来週に延期したい
と電話をしてきた
はてさて どう応えたものか


私はアクア・バースハウスへ電話をした
代表助産師の山村先生が出られた
 「あぁ 不安なんだねぇ かわいそうに
  外国人の間じゃ あらぬ噂も立っているみたいだし
  大使館員が帰国しちゃうんだからね
  うちでも37週の妊婦さんが国へ帰るから 
  診断書を書いてって言ってきた
  病院では書いてくれないからね
  
  だけど日本は二度も原爆にあってるんだからねぇ
  とはいっても始まらないしね

  じゃ東京で放射能を一年間浴びても 
  一回のCT-SCANの放射能の量より少ないって
  そう言ってみてくれる?
  私だって怖いわよ 
  でも妊婦さんはもう産むしかないんだから 
  進むしかないんだから がんばってもらわなくちゃね
  よっぽど怖かったら家へ来なさい って そう伝えて」


友人として フランス語の通訳として
0さんの出産に付き添う私も 慰められ 勇気づけられた
出産予定日を3週間後に控えた0さん 
いつ産気づいてもおかしくない
どんなに自分を励ましていることだろう


アクア・バースハウスは次女がお産をした助産院でもある
山村先生ご夫妻を始め
スタッフの皆さんがおられれば
どんな状況であっても信頼しあってお産を迎えられるだろう
http://www.aqua-birthhouse.com/


f0085284_187282.jpg

by skyalley | 2011-03-17 18:13 | ひと