触ることからはじめよう
by skyalley
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
「一枚の葉を森へ」10月22日活動記録
f0085284_15311477.jpg



心配された雨も降らず 
10月22日第3回目の千歳船橋駅前署名をお陰様で無事終えました
活動を聞いて駆けつけて下さった方々のお力添えを頂き
2時間で47名分のご署名を頂きました 
数が少ないことは否めませんが 
「これからの活動には必ず声を掛けて下さい」と
名刺を置いていって下さった母親
「後で学習会に行くよ」と言い置き 
1時間後本当においでくださった鈴木泰規さん
新たな繋がりに恵まれました


活動の途中で一政党のマイクでの
街頭演説が始まってしまったので
こちらが「ご署名を!」と訴えていると党員かと
勘違いされたのには困りました


今回は9月19日の明治公園集会で使った
「世田谷」の幟を使いましたが
署名中はあちこちに散らばって立つよりも 
あの「世田谷」の幟を中心に と反省しました
「世田谷」の幟がお役に立てるときがありましたら 
いつでも声を掛けて下さい


1時間後 隣の経堂に移り
生活クラブ内「ぶらんこ」で第1回目の学習会を開きました
海沼さんの誘いでお運び下さった70代の女性
同じく70代の鈴木さんも含め 
あらたに8名の方との出会いがありました
会場は子どもが飽きないように
たくさんの玩具があり 炊事場使用も自由なので
子どもたちの元気な声に支えられて 
真剣でそして和気藹々の集会でした
以下は1歳の女児を連れて来られた母親からの感想です

::::::::::::::::::

 昨日は勉強会に参加させていただきありがとうございました。
 娘も思い切り遊んで満足したようでした。

 3月以来 主に一人で情報収集していたので、
 人は自分に関心のあることしか
頭に入ってこないようにできているのか
 (事故前に私自身原発にほとんど関心がなかったように・・・)
 今度は原発問題の中でも関心のあることだけを調べては、
偏った考え方になっていっているような心配もあったので
 「原発をなくしたい」という同じ思いを持った、
様々な立場や年齢の皆さんのお話しが聞けて
本当に良かったです。

人前で話すのも文章を書くのも得意ではないのですが
 また勉強会に参加できれば嬉しいです。

  :::::::::::::::::

    
初回の話題「福島原発事故の実情と現状」に関して
担当のM.C.さんが大発奮し 
よく調べ簡潔に話してくれたお陰で
大いに学ばせてもらいました 
社会運動などしたことが無かった自分を駆り立てた
彼女の内からの熱い感想も添えられたので
初めて参加された方達もしみじみと耳を傾けて下さいました


自然界においては たった一枚の葉でしかないけれど 
すでに葉は木の姿をしているのです  
小さな一人だけれど 
すでに社会の一員なのです
この自覚を持った人と人が
繋がっていくことができている可能性を実感することができ
ありがたいことでした


生活クラブ「ぶらんこ」担当者さんにも
細々と気遣って頂き 
よい環境での学習会が実現できたことを感謝します


次回の学習会は11月19日(土)
同じく2時から4時の署名活動の後「ぶらんこ」で
話題は「放射能から子どもを守る」 
担当はO.I.さん
2歳の息子と小学校3年の娘さんの子育て真っ最中のI.さん
福島には友人三人がおられ 
彼女たちのためにも と 
講演会や映画会 読書に署名に と
熱心に学び 活躍していらっしゃいます
これからの社会を変えていく世代を育てている
母親達が繋がることに 
「一枚の葉を森へ」の活動において 
大きな希望を見出している私にとっては
原発事故の問題を我が事として引き受ける姿勢で
日々を歩んでいらっしゃるI.さんが
とても頼もしくありがたい存在です
私も見習って一枚でも多くの葉が集まって
森になるように努めます
22日の活動を通して
新たなご縁を頂いた全ての方々に 
ありがとうございました
                                    
「一枚の葉を森へ」高橋由紀子記

追記
①友人の明世さんは 
  私が「6月初めに署名活動を始めました」と話すと 
  すぐに自筆の手紙を添えて70名近くの友人知人に
  署名用紙を送って下さいました 
  彼女から
  『原発はいらない』幻冬舎ルネッサンス新書(小出裕章著)を
  「一枚の葉を森へ」に寄付して頂きました 
②初めて参加してくださったA.T.さんからも
  『子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと
     ―チェルノブイリの体験から』を譲って頂きました 
  興味のある方にはお貸しします 
  今は大嶺さんが読んでいるところです
③10月30日 
  映画「ミツバチの羽音と地球の回転」が
  「世田谷子育てネット」主催で上映されます 
  日本のエネルギーの最前線 
  上関原発計画に向かう祝島の人々と
  スウェーデンで持続可能な社会を構築する人々の取り組みを通し 
  いかにして自分たちのエネルギーの未来を開くのかを
  描いた映画です 詳しくは
http://www.setagaya-kosodate.net/modules/piCal/index.php?action=View&event_id=0000001763
④11月21日
  「世田谷こどもいのちのネットワーク」
  「グリーンピース・ジャパン」共催で
  「原発を学ぶ連続講座 おさかなクンだいじょうぶ?」が開かれます 
  星野弥生さん03-3427-8447 marzoh@gmail.comへ
⑤原発問題の都民投票に向けての活動が立ち上がりました 
  「一枚の葉を森へ」はこの活動を支持し支援します
  http://kokumintohyo.com/


皆さんのご意見を大いに取り入れた活動にしていきたいと
願っています
皆さんのご意見を大いに取り入れた活動にしていきたいと願っています 
先日参加された「一枚の葉を森へ」のこと 
そして世田谷こどもいのちのネットワーク・フリースクール僕んち・
オープンスペース“Be”・世田谷市民運動いち・悠愉学舎と共に
協働して世田谷市民が繋がるための
「1000万人アクション世田谷」を設立したことを 
友人や知人にお知らせ下さい 
by skyalley | 2011-10-25 15:32 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
<< 一針一針 うつくしいものを ただうつくしいと >>