触ることからはじめよう
by skyalley
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
「オンカロ」(フィンランド語で「隠し場所」)
f0085284_12291584.jpg



先日テレビで
「地下深く 永遠(とわ)に 
~核廃棄物 10万年の危険~」の再放送を観た 

以下NHK BSのサイトより抜粋



各国が頭を痛める原子力発電所の廃棄物問題
北欧のフィンランドが世界に先駆け
核のゴミの最終処分場の建設に乗り出している。
「オンカロ」(フィンランド語で「隠し場所」)と呼ばれる処分場は
太古の岩盤層を深さ500mまで掘り下げた先に作られ
施設が国内で排出される核廃棄物で満パンになる約100年後に
入口を完全封鎖されるという。

核廃棄物の最終処分が難しい理由は 実はその先である
廃棄物が出す放射線が
生物にとって安全なレベルに下がるまで
欧州の基準では少なくとも10万年かかるとしている
つまりオンカロは
人類の歴史にも匹敵する膨大な歳月の間
安全性の確保が求められるのだ
革命や戦争が起きたり
気候や地殻の大変動に見舞われたりしたとしても・・・

最も危惧されているのは
今の人類が姿を消したあとの未来の知的生物が処分場に侵入し
放射線が漏れ出してしまうシナリオだという
そうならないよう
近づくと危険だという警告を伝えた方がいいのか?
しかし、どうやって?
あるいは何もせず
記憶から消し去ってしまう方がいいのか?




f0085284_12305923.jpg

f0085284_12321075.jpg

f0085284_12323975.jpg

f0085284_1233034.jpg


「オンカロ」に直接間接に関わる人々へのインタビューが
監督からたびたびなされる
10万年後に
「ここは危険だ」と警告するにはどうしたらいいのか


たとえばこんなサインは?

f0085284_1233441.jpg


こんな絵を描いておいたら?

f0085284_1234118.jpg

f0085284_12342932.jpg


こんな案も出たという

f0085284_12345914.jpg




質問を受けた側は 事が重大なだけに
だれもが真摯に応えようとはしているが
それにしても10万年後を確かに想定することが出来ない

f0085284_12355682.jpg


内心の不安や懐疑を抱えての応答が続く
どうしても途中でため息が洩れる
お手上げだというような仕草も出る
黙考の末 沈黙に託す
「good luck!」で話を締めくくる女性もあった

f0085284_12365675.jpg





地下500メートルで着々と進められている工事
地表の動物たちは
目に見えぬ動きに敏感だ

f0085284_1238922.jpg


最後に使われていたアリアの一部は印象的だった

f0085284_12384931.jpg

f0085284_12393866.jpg



原子力というパンドラの箱を開けた人類が直面する難問を描く
2010年 国際環境映画祭(パリ)グランプリ受賞作品だという


私には
触れられ
数字や線が書かれ
削られ 
爆破され 
地下から地上に放り出されていく岩を見ているだけで
胸がいっぱいになる作品だった


f0085284_12552672.jpg

by skyalley | 2011-02-26 12:57 | 一枚の葉を森へ(no nukes)
<< 和(やわらぎ)をもって 『絵本 徒然草』橋本治 >>